グリーン・ホーネット   

さらに昨年公開の映画も観ました。

グリーン・ホーネット
a0250573_14541624.jpg

ヤフー映画情報「グリーン・ホーネット」
あらすじ: 新聞社の若き社長ブリット・リイド(セス・ローゲン)は、夜になれば全身グリーンのスーツとマスクで身を包み、グリーン・ホーネットとして街中の犯罪者と戦うヒーローだった。ハイテク装置満載の愛車を駆って相棒のカトー(ジェイ・チョウ)と共にギャングの支配者、ベンジャミン・コドンフスキー(クリストフ・ヴァルツ)を追い詰めるのだが……。

簡単な感想:監督も含めて、全員バカだなぁとニヤニヤが止まらない。嬉しい意味で。ただ、色んなレビューを読んでユーモア欠乏症と思われる人達に酷評されてるのが悔しい。そんな真のバカ達に一矢報いたい気持ちはある。

詳しい追記感想を予定しています。
[PR]

by eigasirouto | 2012-01-31 15:02 | 旧作(2012年鑑賞)

<< スティーブン・スピルバーグ 黒く濁る村 >>