ものすごくうるさくて、ありえないほど近い   

たった今、バルト9で鑑賞しました。

ものすごくうるさくて、ありえないほど近い
a0250573_1742988.jpg

公式サイト
解説: 大好きな父親を911のアメリカ同時多発テロで亡くした少年が、父親の残した鍵の謎を探るべくニューヨーク中を奔走する姿を描く感動ドラマ。ジョナサン・サフラン・フォアのベストセラー小説を、トム・ハンクスとサンドラ・ブロックという二人のアカデミー賞受賞俳優の共演で映画化。『リトル・ダンサー』『愛を読むひと』の名匠、スティーヴン・ダルドリーが監督を務める。鍵穴探しの旅で父の死を乗り越え、力強く成長する少年には、映画初出演のトーマス・ホーンを抜てき。ダルドリー監督の繊細な演出と俳優陣の演技が感動を呼ぶ。
あらすじ: 911の同時多発テロで、大切な父(トム・ハンクス)を亡くした少年オスカー(トーマス・ホーン)。ある日、父の部屋に入ったオスカーは、見たことのない1本の鍵を見つける。その鍵に父からのメッセージが託されているかもしれないと考えたオスカーは、この広いニューヨークで鍵の謎を解くため旅に出る。

直後の感想なので、全くまとまってませんが、中盤くらいから何度も泣きましたよ。9.11で理不尽に死んでしまった父を乗り越えようとする息子の話なんですが、色々、考えさせられました。でも、難しい話じゃなく冒険譚であり、ホームドラマであり、ミステリーもあり、優れたエンターテイメントでした。同時にテロの原因は政治か宗教か知らないけど、殺されてるのは関係ない人達なんだという事にやるせなさを再び、突きつけられました。音響が大事な作品だと思いますので、これは映画館での鑑賞がいいかと思います。

2012/2/24追記を書きました→こちら
[PR]

by eigasirouto | 2012-02-20 16:25 | 新作映画(2012)

<< ALWAYS 三丁目の夕日’64 バットマン リターンズ >>