レザボア・ドッグス   

タランティーノ監督の長編デビュー作を今さらながら鑑賞。なぜかと言うと観た事あると思い込んでました。
間違えてて、それは「ロンドン・ドックス」という映画でした…。

レザボア・ドッグス
a0250573_14666.jpg

解説: 宝石店襲撃に失敗した強盗たちの確執をタイトに描いた傑作バイオレンス・アクション。描きこまれたキャラクター、縦横無尽に時間軸を越えた構成、緩急自在の演出とどれもが素晴らしく、脚本・監督(おまけに出演も)の異才タランティーノの名を一躍世に知らしめた。トップ・シーンからエンディングまで、トップノッチで突っ走る。

面白かったです。
色々、書きたい事ありますけど、新作2本観たので、ブログ更新が忙しいです。
またタランティーノの事を話す時にでも。

あえて、一つだけ言うならガイ・リッチーの「ロック、ストック&トゥー・スモーキング・バレルズ 」は、この作品に影響受けてると思いましたね。

ブログ内関連記事
クエンティン・タランティーノ
ハーヴェイ・カイテル
スティーヴ・ブシェミ

ガイ・リッチー
[PR]

by eigasirouto | 2012-04-10 01:57 | 旧作(2012年鑑賞)

<< コーマン帝国 スティーヴ・ブシェミ >>