アーティスト   

金曜日、1000円なのでユナイテッドシネマとしまえんで、3本の映画を鑑賞して来ましたよ。まず、1本目!

アーティスト
a0250573_0552731.jpg

公式サイト
解説:サイレントからトーキーへと移り変わるころのハリウッドを舞台に、スター俳優の葛藤(かっとう)と愛を美しいモノクロ映像でつづるサイレント映画。フランスのミシェル・アザナヴィシウス監督がメガホンを取り、ヨーロッパのみならずアメリカの映画賞をも席巻。芸術家(アーティスト)であることに誇りをもち、時代の変化の波に乗れずに凋落(ちょうらく)してしまうスターを演じるのは、『OSS 117 私を愛したカフェオーレ』のジャン・デュジャルダン。ほかに、ジョン・グッドマンなどのハリウッドの名脇役が出演。サイレントの傑作の数々へのオマージュが映画ファンの心をくすぐり、シンプルでロマンチックなラブストーリーも感動を誘う。
あらすじ:1927年のハリウッドで、サイレント映画のスターとして君臨していたジョージ・ヴァレンティン(ジャン・デュジャルダン)は、新作の舞台あいさつで新人女優ペピー(ベレニス・ベジョ)と出会う。その後オーディションを経て、ジョージの何げないアドバイスをきっかけにヒロインを務めるほどになったペピーは、トーキー映画のスターへと駆け上がる。一方ジョージは、かたくなにサイレントにこだわっていたが、自身の監督・主演作がヒットせず……。

今回の記事は、どっちつかずの感想でモヤモヤするかも知れません…。

フランス映画でありながら、今年のアカデミー作品賞など5部門に選ばれた作品です。

フランス映画の今作が、古き良きハリウッド映画を描き、スコセッシ監督が「ヒューゴの不思議な発明」で、アメリカ映画が、古き良きフランス映画を描き、アカデミーを5部門ずつ分け合うと言う所が、面白いですね。

サイレント映画からトーキー映画に移行する時代の話を白黒サイレント映画で表現するという興味深い作品です。

単純な栄枯盛衰のお話ですけど、サイレント映画と言う今となっては、逆に新鮮な手法の映画なので、なかなか見応えありましたね。
と言うか、僕もチャップリンくらいしか無声映画は観た事ないんで、サイレント映画初心者みたいなものですからね。

説明過多な作品や3Dなどへのカウンターパンチとなったのでは無いでしょうか。

「シネマ頭脳」と言う本で、サイレント時代はスクリーンの前にオーケストラを置いて生演奏してたみたいな事を書いてて、OPでいきなりそれを観せてくれて、「おお!」と思いました。そーいう喜びはありましたしね。

普通にいい映画だし、楽しいし、感動もありますし、どのレビューを読んでも、割とみんな大絶賛です。

ただし、僕としては、いい映画だと思うし僕なんかが理解出来て無いだけと思うんですけど、この大絶賛ムードに違和感が無くもないって感じです。100点満点の映画なのかも知れないけど、だからなんだよと言う気持ちがあって。

自分でも、その原因をまだ掴み切れて無くて、未だに探ってる状況なんですけど、強いて言えば、個人的には、あんまり面白くなかっただけなのかなぁ…と。

いや、いい映画なのは間違いないと思うんですけど、そこまで大絶賛の映画なんでしょうか?
さっきも書いたけどストーリー自体はベタだし、この実験的試みの部分と現代に成立させた演技演出はすごいですけど、それくらいしか僕は、いいと思わなかったです。
それと犬がおりこうさんだなぁと言うのも、良かったですかね。
後、プロデューサー役のジョン・グッドマンがやっぱりいい味出してるなぁと思って観てましたよ。
「ヒューゴ~」にもあった、フィルムを燃やすシーンもよかったし、一本だけ残した作品がアレで、泣きそうになりましたし。更に、ラストのあれもよかったし。
…うーん、なんだかんだ好きな所ありますね。

でも、だからってサイレント映画こそ素晴らしいとか、今の映画はダメだ的な風潮を勝手に感じて、違うなって思うから反発を抱いてるのかも知れません。

なんか、やっぱりモヤモヤした感じになってしまいました。ごめんなさい。

2012/4/16に「ドライヴ追記」にて、純愛繋がりで、強引に今作の追記をしています。→こちら
[PR]

by eigasirouto | 2012-04-14 01:24 | 新作映画(2012)

<< 森田芳光 椿三十郎(2007年版) >>