キングダム/見えざる敵   

悪ノリして、ちょっと後悔していたブログのタイトルを変えました。

「バトルシップ」を観る前に、ピーター・バーグ監督作品を少しでも観ておこう企画②

キングダム/見えざる敵
a0250573_383229.jpg

公式サイト
解説:4人のFBI捜査官が自爆テロ事件捜査のため、サウジアラビアに乗り込んで行く社会派アクション。FBIのスペシャリストたちがタイムリミットは5日という極限状態の中、地元警察と激しい攻防を繰り広げる。主演はオスカー俳優のジェイミー・フォックス。共演者も『カポーティ』のクリス・クーパーや『エレクトラ』のジェニファー・ガーナーら実力派ぞろい。手持ちカメラを駆使したドキュメンタリータッチの映像は必見。
あらすじ:父母参観日に出席中のFBI捜査官ロナルド(ジェイミー・フォックス)の元に、サウジアラビアで自爆テロ事件が発生したと知らせが入る。彼は法医学調査官のジャネット(ジェニファー・ガーナー)や、爆発物専門家のグラント(クリス・クーパー)らとともに事件の調査を開始。しかし、FBIの捜査を拒むサウジ政府との交渉は難航し……。

これは、アメリカと中東との関係を色々と考えさせられる映画でした。
観終わった後、ネットで色々調べてサウジアラビアという国が、少しは理解出来ましたが、世界って本当に広くて複雑で難しく、価値観や正義や文化の違いなど、手に負えない問題だらけですね。
いつもの生活では、目の前の事に一生懸命生きるしか無いですけど、時々、そういう事にも目を向けて考える事も必要かもなぁと思ったりもしました。
そういう事に気付かせてくれただけでも、観といてよかったです。

前半は、字幕が多くて物語に入れませんでしたが、途中から段々入り込み、観終わった後は、すごい映画なんじゃないか?と思いました。
でも、OPでアメリカと中東の歴史をニュース形式で見せて行く映像は、すごくいいなと思いました。

なんか、こういう真面目系の映画を書く時、〝面白い〟とか〝楽しい〟とか〝かっこいい〟とか書こうとするけど、そう書いていいのか悩んでしまう自分がいます。適切な言葉は何すか?

でも、真面目系とか言ってますけど、アクションシーンは激しいし、カーアクションもすごいので、エンターテイメントとしても、間違い無く楽しめるとも思います。※ただ、我々はこれでいいのか?とか考えさせられもします。

しかし、「ハンコック」と同じ監督でも、描きたい事によって、こちらが受ける印象は、全然変わってしまうんですね。

共通点を探してたのですが、アホな僕には、内容より見た目くらいしかわからなかったです。
以下、僕の気付いた共通点です。
・アクション映画である
・主演が黒人である
・ジェイソン・ベイトマンが出てる
・マイケル・マンが制作
これくらいしか、わかんないです。

正直、アクション映画の良し悪しが、僕は全くわからないんですけど、どっちも迫力あるなぁと思ってみてましたよ。
「バトルシップ」も、アクションでしょうから大画面で観るのは、楽しみですよ。

色々と調べてみるとピーター・バーグは、マイケル・マン監督の弟子筋に当たるのですね。
どおりで、銃撃戦の迫力があるんですね。

僕は、銃の事が全然わからないので、「パブリック・エネミーズ」で、生意気と言うか、無知ゆえの恥をさらしていますが、(しかし、その時に思った無知も敢えて、時評として晒しておきたい)こんな風に書いています。
闇夜の銃撃戦はわかりにくいけど、逆にそれが怖さを増してると思った。
この時点では、マイケル・マン監督が、どれだけ銃描写について定評のある人なのかとか、知らなかったんですよ…。

とにかく、僕はもう少しニュースや新聞を読んで、世の中の事を知らないとなぁと思った次第であります。

後、シャーリーズ・セロン(「ヤング≒アダルト」)、ジェイソン・べイトマン(「JUNO/ジュノ」「マイレージ、マイライフ」)、ジェニファー・ガーナー(「JUNO/ジュノ」)とジェイソン・ライトマン監督作にも出てた役者さん達がいますけど、ピーター・バーグ監督とジェイソン・ライトマン監督は、何かしらの繋がりとかあるんですかね??

書き忘れてたけど、冒頭で野球シーンあり。個人的には大事。

2012/4/21「バトルシップ」で、今作にも触れています。→こちら
[PR]

by eigasirouto | 2012-04-20 03:56 | 旧作(2012年鑑賞)

<< ピーター・バーグ ハンコック >>