宇宙兄弟   

とりあえず森義隆監督と脚本の大森美香さんの予習を終えたので、ユナイテッドシネマとしまえんで鑑賞して来ました!

宇宙兄弟
a0250573_11883.jpg

公式サイト
解説:週刊「モーニング」で連載中の小山宙哉によるベストセラー・コミックを、人気若手俳優・小栗旬と岡田将生を主演に迎えて実写映画化。幼いころに宇宙飛行士になる約束を交わした兄弟が、異なった人生を進みながらも互いに宇宙を目指して奮闘する姿を壮大なスケールで描く。監督は『ひゃくはち』の森義隆、脚本を『デトロイト・メタル・シティ』の大森美香が担当。そのほか麻生久美子、堤真一、井上芳雄ら多彩な顔ぶれが脇を固める。世界的ロックバンド、コールドプレイが主題歌として楽曲を提供していることも見逃せない。
あらすじ:子ども時代に、宇宙飛行士になることを誓い合った兄弟ムッタとヒビト。時は過ぎて2025年、弟ヒビト(岡田将生)が夢をかなえて宇宙飛行士となった一方、兄ムッタ(小栗旬)は会社を解雇され意気消沈していた。互いに違った道を進んでいた兄弟だったが、弟からの連絡をきっかけに兄はかつての夢を実現させるべく再び宇宙飛行士という目標に向かって進み始める。

森義隆監督作品
「ひゃくはち」
大森美香脚本作品
「デトロイト・メタル・シティ」
「カイジ 人生逆転ゲーム」

まず、漫画の原作についてなんですが、結構、周りの評判も良くて、読みたいなぁと思いつつも読んで無い状態で、読んでから行きたかったんですけど、とりあえずもう映画観ちゃいました。それで、映画を観た後に、1巻だけ買って読みました。

それで、全く原作漫画を読んで無い状態で観た感想は、退屈な部分もちょくちょくあったけどそれなりに面白いと思ったんですよ。でも、観終わって、レビューとか読んでみると原作ファンは否定的だったりして、気になって慌てて1巻だけ読んだけど、「デトロイト~」「カイジ~」同様に、やっぱり原作の上辺だけ繋いで行ってる感じは否めないと思いました。だからずっとこの漫画が好きで読んで来たファンが自分が思い描いてたのと違うと言う気持ちはわかります。でも映画ってやっぱり脚本だけじゃないんだなぁと思わせるモノが、この映画には、ちゃんとあると思うんですけどね。
今作は、同じ漫画原作だし「テルマエ・ロマエ」と比較されがちだと思うんですけど、どちらも鑑賞した人のブログとか読んでも、「テルマエ~」の方が好意的で、興行成績も「テルマエ~」の方が上回ってる事に、ちょっと驚いてる次第であります。

歴史と科学…そもそも、どちらが好きかと聞かれれば、歴史の方が好きですけど、「テルマエ・ロマエ」と「宇宙兄弟」、どっちの映画が好きかと聞かれれば、俄然、「宇宙兄弟」派ですよ!僕は!※漫画は、どちらも1巻しか読んで無いので、決めかねますし、今年の新作でトップクラスとか、そういうのじゃないですけど。

じゃあ、僕がなぜそう思ったのか?以下
①この映画を観て、宇宙に興味を抱いた
②残念に思う部分もある
③麻生久美子が好きなんです
④最終選考6人の物語が一番楽しかった
⑤まとめ
の項目に分けて書いて行きます。

①この映画を観て、宇宙に興味を抱いた

「おかえり、はやぶさ」でも触れましたが、僕は基本的に宇宙にあまり興味が無いんですよ。
だから周りの評判良くても、今日まで原作も読まなかったし、そもそも映画も観るか迷ってましたけど、シネマハスラーで当たったので、観た訳です。
そんな僕が、オープニングの一発で宇宙に興味を抱きました。
OPで世界の宇宙事業史おさらいしてくれるんですけど、それが、僕的には音楽も相まってかっこ良かったんです。先に述べましたが、僕は割と歴史が好きだからかも知れないけど、そこで一気に心を掴まれました。
ここは映像と音楽に惹かれた訳で、脚本、登場人物に関係の無い映画の魅力の一つだと思います。

それとJAXAのテストも興味深くて、へーと思って勉強になりましたし、NASAの協力も得ていると言う事で、映像的に色々とスゲェと思えたり楽しいなと思えました。(後述しますが、映像的に残念な部分が無かった訳では無いです。)
なんか、宇宙やロケットの映像に本物感が、ちゃんとあったと思ったんですよ。(あくまで僕はですよ)

絵的な部分で、宇宙に興味を持たしてくれた。この部分だけで、僕はこの映画、満足ですね。


②残念に思う部分もある

まずは、主人公の一人、弟の南波日々人(岡田将生)が、あまり魅力的じゃなかったですね。顔は良いけど、キャラが描き込み不足だと思いました。正直、才能あって調子コイてるいけすかない小僧に見えなくも無かったです。だから弟周りの話は、あんまり興味湧かなかったです。すみません。

次に、お母さん(森下愛子)のヅラがコントに見えました。確かに原作のお母さんも天パーなんですが、もう少しどうにかならなかったんですかね?森下愛子さんの顔もあって、最初、ごっつええ感じのYOUさんに見えましたよ。

「2001年宇宙の旅」のテーマ曲に乗せたあのギャグは、スベッってると思う。これ、原作にあるのかと思って1巻に同じ場面があったけど、そんなギャグは入ってませんでした。だから映画のオリジナルと思います。ここは、上辺だけでも漫画をなるべく忠実に再現しようとしてる大森さんの脚本じゃ無いと思うんで、おそらく森監督が入れたと思うんですけどね。森監督の「ひゃくはち」のエロ夢も、これどうかなぁ?と思ったんですけど、あんまりこういうギャグって僕は面白いと思わないんですけどね。森監督の悪い部分を挙げるなら余計なギャグセンスじゃないですかね。

宇宙の映像のCGが全体的に良いと思う反面、空のCGがかなり嘘くさい。「ひゃくはち」の時に触れませんでしたが、あの映画で野球の試合シーンは、本当に素晴らしいと思うんですけど、やっぱりあれも空がなんか変なんですよ。空と人や物の影が合って無いからなのか、かなり違和感があるんですけどね。故に、ムッタ(小栗旬)とバズ・オルドリンの絡みのシーンが、もったいない事になってました。

で、次のが一番、「はぁ?」と思った部分ですけど

ムッタンとヒビトの絡みで、ムッタンがヒビトに「お前は、細かい所を雑にする所があるぞ」という描写があって、こっちは当然、月での事故はヒビトのそういう性格から来ると思ったら、事故とヒビトの性格は全然関係無いんですよ。そのシーンは漫画にもあって、これはムッタンの細かい所に気付くという性格を現す描写だったみたいなんですよ。
週刊連載だとそういう部分は気にならないと思うけど、このシーンを2時間の短い間に入れちゃう(しかも予告で月でヒビトが事故るのは見せている)とヒビトの細かい所を雑に扱う部分のインパクトが強すぎて、こっちはずっとそれが気になりますよ。それで、その小さな雑がどんなミスに繋がるんだ?って期待してると関係ない事で事故を起こすから「ええ?」と思いまして。こういう部分が、大森さんが上辺だけなぞってるなぁと思ってしまう理由なんですよね。
原作がそうなってるからって、そのままやるんじゃなくて、そこはヒビトに「本当にムッタンは、細かい部分に気付くよね!」だけで問題無いと思うんですけどね。
しかも、その後、寝そべってるムッタンが寝たままポップコーンを取ろうとして、落としてバラ撒くシーンがあって、お前も負けず劣らず雑じゃねーかと思いました。細かい部分に気付くのとめんどくさがりは違うかも知れませんけど、なんかそういうキャラ描写が適当だなぁと思ってしまいましたよ。


③麻生久美子が好きなんです

②で述べた様に、文句もあるんですけど、僕は麻生久美子が好きなんで、彼女がいい役をやってると勝手にいい映画と思う悪い癖があるんですよ。
なので、「モテキ」のあの扱いだけは許せないです。皆、長澤まさみがかわいいかわいい言ってましたけど、俺だったら絶対に麻生久美子を選びましたよ。
そして、その麻生久美子がちゃんと美人として扱われてるし性格もいい役なので、よくやってくれたと思いましたね。
a0250573_2571467.jpg

かわいいですよね~。


④最終選考6人の物語が一番楽しかった

原作ファンは、割と6人の内の脇役達の部分が描き込み不足と言ってる人が多いし、実際に漫画で読んでたら僕もブーブー文句言ったかも知れませんけど、知らずに観た感じだと、ちゃんとキャラが描き分けられてて、楽しかったです。
特に、最初の6人選ばれた時の紹介が、「おお!」と盛り上がりました。

6人と言うのは、
小栗旬(南波六太)
麻生久美子(伊東せりか)
濱田岳(古谷やすし)
新井浩文(溝口大和)
井上芳雄(真壁ケンジ)
塩見三省(福田直人)
なんですけど、役者の力かも知れませんが、皆ちゃんとキャラクターが見えて来ましたよ。

ここでの皆のやりとりが面白いと思って観てたんで、正直、ヒビトのパートに行くと早くあの6人に合わせてくれ!と思ってましたね。


⑤まとめ

④の6人の話を色々書こうと思ったんですけど、もう疲れて来たんで、この辺にしようと思います。
①~③を書けただけで、もう満足なんで。

そう言えば、アメリカからヒビトが電話してるシーンで、バックでベースボールをしてるシーンがありましたね。さすが「ひゃくはち」を撮った元高校球児の森監督です。これだけで+10点ですよ。(何点満点中かは謎)
しかし、アメリカのベースボールシーンを観ると「キングダム/見えざる敵」みたいにならないかなぁと不安になりますね。

まだ2本しか観て無いですけど、僕は森義隆監督はわりと力のある監督なんじゃないかと思ってますけどね。
どうでしょうか?
[PR]

by eigasirouto | 2012-05-11 03:23 | 新作映画(2012)

<< イレイザーヘッド カイジ 人生逆転ゲーム >>