すべてをあなたに   

「幸せの教室」鑑賞前に、俳優トム・ハンクスが初めて監督も務めた作品を観ました。

すべてをあなたに
a0250573_2394548.jpg

解説:ガイは怪我したドラマーの代わりに、友人ジミーのバンドに参加した。彼がジミーの作曲した“ザット・シング・ユー・ドゥ”を速いビートで演奏すると、これが大受け。メジャー・デヴューまでとんとん拍子に話は進み、彼らは一躍人気スターとなるが……。60年代を舞台にした、ロック・バンドの青春と恋を描いたトム・ハンクスの映画初監督作品。

感想は、すでに鑑賞済の「幸せの教室」の記事で、まとめて書きます。

それでも一言だけ付け加えるなら、無名時代のシャーリーズ・セロンが出てましたが、若くてスゲー綺麗でした。

2012/5/19 「幸せの教室」upしました。
[PR]

by eigasirouto | 2012-05-18 23:26 | 旧作(2012年鑑賞)

<< トム・ハンクス アドベンチャーランドへようこそ >>