メン・イン・ブラック3   

先に訂正しておきたいのですが、「ピカッ」に、名前が無いと「メン・イン・ブラック2」で書いちゃいましたけど、そう言えば、ニューライザーって名前があったんですね。すみません。
という事で、ワールドカップの予選の事をすっかり忘れてて、ユナイテッドシネマとしまえんに行って来ました。

メン・イン・ブラック3
a0250573_110125.jpg

公式サイト
解説: 地球で暮らすエイリアンの監視を任務とする男たちの奮闘を描いた人気シリーズ『メン・イン・ブラック』の第3弾。おなじみの名コンビの片割れが相棒の謎を調べるために、40年前にタイムスリップすることになるてん末を生き生きと映し取る。今回もスティーヴン・スピルバーグが製作総指揮を担当し、久々にウィル・スミスとトミー・リー・ジョーンズの黄金コンビも復活を果たす。相変わらずパワフルな彼らの活躍に吸い寄せられる。
あらすじ: 秘密組織MIB所属のエージェントJ(ウィル・スミス)とK(トミー・リー・ジョーンズ)は、日々異星人の取り締まり追われていた。長年コンビとしてやってきた2人だが、Kの単独捜査をいぶかしんだJは直接そのことを彼に問いただす。だが、本人は全然聞く耳を持たず何の情報提供もしてくれない。次の日、本部でJはKを捜していたが40年以上も前に死亡していたと聞き……。

ブログ内関連記事
「メン・イン・ブラック」
「メン・イン・ブラック2」
バリー・ソネンフェルド監督
トミー・リー・ジョーンズ
ウィル・スミス
スティーブン・スピルバーグ(制作総指揮)
ビル・ヘイダー
ティム・バートン監督(カメオ出演)

3Dで観た方が面白いのかも知れないけど、金銭的理由で2Dで観ました。

はっきり言って、ストーリーは無茶苦茶でした。タイムスリップものにするとルールがややこしくなって、そしたらそれおかしくない?ってのが、出て来ますよね…。そして、そのラストだったら1との整合性も取れなくなるんじゃないの?って部分もありました。
まぁそうなんだけど、そもそもが荒唐無稽な世界観だし、気持ち悪いエイリアンとウィル・スミスとトミー・リー・ジョーンズ、JとKのコンビが観れれば嬉しいし、あのバイクもかっこいいし、アポロ11号を強引に絡めたりしてて楽しかったですよ。
ただ、1と2を続けて観た直後だとトミー・リー・ジョーンズはかなり老けた印象ですね。ある意味、僕が未来にタイムスリップした感覚でしたよ。彼の高齢化もあってか、タイムスリップものにしたのでしょうか?
楽しめたのは間違いないですが、色んな破綻も気になると言えば気になる…。そんな映画でした。まぁでも、そんな細かい事を気にする映画では、無いんでしょうけどね。

これから詳しく書こうと思ってましたが、結構な時間なのでそれはまた追記で。

6/15「メン・イン・ブラック3追記」の記事に、追記記事があります。
[PR]

by eigasirouto | 2012-06-13 01:59 | 新作映画(2012)

<< メン・イン・ブラック3追記 バリー・ソネンフェルド >>