アベンジャーズ   

8/20に、ユナイテッドシネマとしまえんにて、IMAX3Dで鑑賞して来ました。

アベンジャーズ
a0250573_3271495.jpg

公式サイト
解説: アイアンマン、ソー、ハルク、キャプテン・アメリカなど、世界的に有名なヒット作の主人公が一堂に顔を合わせるアクション大作。特殊な戦闘力を誇る者たちによって編成されたチーム「アベンジャーズ」が、地球滅亡の危機を回避する戦いに身を投じる。最先端VFXを駆使した圧倒的ビジュアルに加え、『シャーロック・ホームズ』シリーズのロバート・ダウニー・Jrや『それでも恋するバルセロナ』のスカーレット・ヨハンソンら、豪華共演を果たしたキャスト陣も見ものだ。
あらすじ: 人知を超えた悪によってひそかに進められる地球壊滅の陰謀。それを食い止めるべく、大富豪で天才発明家アイアンマン(ロバート・ダウニー・Jr)、神々の国から地球ヘと追放された雷神ソー(クリス・ヘムズワース)、感情の爆発によって容姿を激変させる科学者ハルク(マーク・ラファロ)などを集めた部隊アベンジャーズが結成される。しかし、各々が抱えているつらい過去や苦悩が浮き上がっては衝突し合うようになり、人類史上最大の危機に立ち向かうチームとしての機能が消失しかけていた。

ちょっと、時間が無いけど、早めにupしたいので、今回はかなり雑に、読み返しもせずダラダラっと本能のままに書き記したいと思います。で、後日、追記という形で、詳しく掘り下げた文章をupするかも知れません。

まず、率直な感想は、最高過ぎるよバカ!と言う気持ちでいっぱいです。確かに、凄く楽しみにしてたし評判も頗る良かったし、「日本よ、これが映画だ!」と言う挑発的なキャッチコピーもありましたが、そう言ったハードルを悠々超えてくれました。もう最高です!

よくも、これだけのメンバー全員に見せ場を作ったものだと心底、感心しております。本当に監督のジョス・ウェドンをひたすら尊敬するばかりであります。そして、本当にありがとうという気持ちでいっぱいです。こんなに爽快な映画体験はなかなか出来ませんよ。

それぞれ登場の仕方、順番も完璧で冒頭からテンション上がりっ放しでしたね。なかなかハルクだけ変身しない…とか、よく計算されてると思います。後半も誰が最後に来るのかも。

アベンジャーズは前半、メンバー同士の壮絶なケンカが展開されるけど、それも最高でした。そのケンカの壮絶さがハンパ無かったです。とにかくそれぞれ一撃が重いので、一撃でぶっ飛ぶんだけど、そのぶっ飛び方が、すごく楽しくてしょうがなかったです。皆、画面全体で暴れまわってましたね。とにかく絵的に楽しませる工夫がすごい事になってて、サービス精神旺盛!サービス過剰でした!
それと予告編でも流れてるけど、キャプテン・アメリカとアイアンマンの口喧嘩も面白かったです。愚直なキャプテンの口撃をウィットに富んだ返しでさらりと交わすアイアンマン。通常時のハルク=ブルース・バナーのその2人に対するやれやれという感じも面白いし、そして神様というお門違い甚だしいソーの存在感もなんかすごくて、ソーが真剣な顔をすればするほど、僕的にはニヤニヤしちゃいました。

「アイアンマン」「アイアンマン2」「インクレディブル・ハルク」 「マイティ・ソー」 「キャプテン・アメリカ/ザ・ファースト・アベンジャー」の続編だけど観なくても、一応はわかる作りでしたね。ただ、「マイティ・ソー」は、やっぱり観といた方が良いかも知れませんね。でも、やっぱり一番は全部観てからがベストです。よりキャラが深く愛せるので、その感情移入たるや。アイツとアイツがこんな事してるー!的な楽しさが特盛りですよね。

一応、僕の「アベンジャーズ」の中での推しメンは、アイアンマンですね。ロバート・ダウニー・Jrがかなり好きってのもあるし、確かに超金持ちでそもそもの設備がすごいしかなりの天才ってのは大きいけど、あれ全部自分で作った訳ですからね。そこが本当に偉いなぁと思います。
いや、でもハルクも今作で、大好きになりましたね。もうかわいいし、ぶっ飛んでて素敵過ぎるな~。 あれを体一つで止める所とか、ヤバイし、ラスト間際にコメディタッチであいつをボコるシーンも大好きでしたね。
と言いつつ、ソーも、キャプテン・アメリカも好きだし、ブラック・ウィドウ、ホークアイも今作で好きなキャラになりましたね!ブラック・ウィドウを演じたスカーレット・ヨハンソンは本当に色気があったなぁ。大好き!

とにかく、アホみたいな文章になり果てましたが、ハルクの暴れっぷりも、アイアンマンの天才っぷりも、ソーの男前ぶりも、キャプテンのキャプテンシーも全て最高!でした。


【関連人物】
ジョス・ウィードン監督

ロバート・ダウニー・Jr
クリス・ヘムズワース
クリス・エヴァンス
マーク・ラファロ
ジェレミー・レナー
スカーレット・ヨハンソン
サミュエル・L・ジャクソン
[PR]

by eigasirouto | 2012-08-25 03:56 | 新作映画(2012)

<< クリス・エヴァンス ダークナイト・ライジング >>