<   2012年 11月 ( 5 )   > この月の画像一覧   

鍵泥棒のメソッド   

10/19、ユナイテッドシネマとしまえんにて。

鍵泥棒のメソッド
a0250573_128597.jpg

公式サイト
解説: 『アフタースクール』の内田けんじが監督を担当した、さまざまな要素が詰め込まれた予測不能の娯楽作。ひょんなことから人生が逆転してしまった2人の男性を巻き込んだ物語の成り行きを、笑いとサスペンスを交えて描き切る。情けない主人公を演じるのは『ジェネラル・ルージュの凱旋』の堺雅人。そして『劔岳 点の記』などの香川照之が、記憶をなくす前と後でまったくの別人に変身する男を怪演する。彼らが真剣勝負で挑む人生を懸けた戦いに胸が躍る。
あらすじ: 35歳にして定職もなく、売れない役者稼業にもほとほと嫌気がさした桜井(堺雅人)は自殺にまで失敗してしまう。その後、出掛けた銭湯で見るからに勝ち組男のコンドウ(香川照之)が彼の目の前でひっくり返り、頭を強打したせいで記憶を失ってしまった。桜井は衝動的に彼の荷物をくすねてコンドウに成り済ましたのだが、実はコンドウの職業は殺し屋で……。

個人的に、今年の後半は面白い邦画がとても多いと感じてるのですが、これまた非常に面白かったしかなり好きです。ランキングが非常に困りますね…。

内田けんじ監督は、いとうせいこうさんが期待してるみたいで、イイ評判を聞いてましたが、実はこれまで未見でして…。前作を振り返る事も無く、いきなり映画館に行って観ましたが、すごく良かったですね。またこれから遡って内田けんじ監督の作品を観てみます。まだ4本しかない観たいなんで、今のウチですね!

このお話は、人物入れ替わりものと言う、よくありがちな設定の物語だとは思うんですが、一人が記憶喪失でもう一人はわかった上で入れ替わってるんで、ファンタジーでは無く、リアルな入れ替わりです。なので、意識があって入れ替わる桜井(堺雅人)がコンドウ(香川照之)の人生を乗っ取るんですが、前半はコンドウの金持ちっぷりに、いちいち驚いていく所とか面白かったですね。意識を失ってるコンドウも桜井としての自分を受け入れて行くシーンも好きでした。

それで、本当に二人のキャラクターが、わかりやすく正反対で、殺し屋のコンドウは非常に几帳面ですごくしっかりした人物で、売れない役者の桜井はだらしなくて自殺しようとしていた人物です。この2人がそれぞれ役割が変わっても、中身は変わらないのが観てて楽しいですね。

自殺しようとしていた堺雅人演じる桜井の部屋は、本当にボロボロのアパートで、部屋中散らかってて、完全にだらしない性格なのですが、香川照之演じるコンドウが桜井になってからは、ノートにこの部屋にある物を綺麗に書き出し、ボロボロの部屋ながら綺麗に片付いています。で、元々の桜井だった男の持ち物として、煙草を持ってたので、自分を思い出す為に、嫌々苦手な煙草を吸う所とかおかしかったですね。とにかく、きっちりした人は、どんな状況に陥ってもなんとかなるなと思いました。後、シャツをいちいちインするのがかわいいですね。

一方の桜井は、コンドウになる訳ですが、こっちは元がクズなんで、すぐに部屋は散らかすし金はあったらあっただけ使ってしまいます。でも僕は完全にこっち側の人間ですから、すごく感情移入すると同時に、色々と身につまされ、家に帰って部屋の掃除しようと強く思いました。

とにかく極端に性格が違うので、入れ替わる事で非常にわかりやすいギャップコメディになってるんですが、ちゃんとしてる方が殺し屋。という所がひねくれてて(でも、実際そうじゃないと出来ない仕事)アクセントになってていいなと思う訳です。

そして、それなりに裕福な家庭で育った真面目な水嶋香苗を演じる広末涼子が、とてもよかったです。本当の彼女がどういう人物か知りませんけど、やっぱり彼女は清楚な役が合う気がします。でも、ただの清楚じゃなく、なんかちょっと変わってると言うか、強い何か意思みたいなものを持ってる人物がいいのかな?と思いました。すごくしっかりしてるけど変わり者なんですよ。そして彼女が父の為に結婚を決意して、相手を必死に探している時に、記憶を無くしたコンドウに会ってからお互い仲良くなって行く訳です。

後、ヤクザの組長(?)を演じるのが、荒川良々と言うのも面白いですね。かわいい顔ですが、得体の知れない顔ですからね。ただ、部下も含めてバカ過ぎる軽すぎると言うか、コメディより過ぎな気もしましたけどね。敢えてそうしてるんでしょうが、本当に怖い方が、より緊張感あってよかったのかなぁ?とか、ちょっと思ったりします。けど、まぁちゃんと怖いと思わせるシーンもありましたんで、まぁそこまで影響無いでしょうかね。

書き忘れてましたが、コンドウが殺す時、ナイフをサクサクサクっと刺すシーンが、すごい好きですね。かっこいいです。

やっぱりこれは脚本がしっかりしてるのと、役者さん達の演技がしっかりしてるんで、面白いなぁと思うんでしょうね。そして面白いのが、香川照之と堺雅人が演技の練習をしてるシーンで、二人の演技論をぶつけ合うシーンが特筆して面白かったですね。メソッド演技については、「トロピック・サンダー/史上最低の作戦」で、紹介しましたけど、タイトル通り、メソッド演技についても口論します。ちょっと勉強になりました。

後、車のブザーの伏線の回収が上手いなぁとか、記憶としての音楽の使い方になるほどなぁとか色々細かい所も良かったと思います。

僕は、面白かったし割とオススメも出来ると思いますよ。
[PR]

by eigasirouto | 2012-11-04 13:09 | 新作映画(2012)

ザ・タウン   

10/16、DVD鑑賞にて。

ザ・タウン
a0250573_1104050.jpg

解説: 俳優として活躍する一方、前監督作『ゴーン・ベイビー・ゴーン』が高い評価を受けたベン・アフレックの監督第2作。強盗団のリーダーと人質女性の愛を軸に、犯罪都市に生きる者たちの生きざまが描かれる。監督のベン・アフレックが主演を務めるほか、『それでも恋するバルセロナ』のレベッカ・ホール、「MAD MEN マッドメン」のジョン・ハム、「ゴシップ・ガール」のブレイク・ライヴリーら、豪華実力派キャストが出演。スリリングで骨太な運命のドラマが味わえる。
あらすじ: 綿密な計画を立て、ある銀行を襲撃したプロの銀行強盗一味のリーダー、ダグ(ベン・アフレック)は、思わぬ事態から支店長のクレア(レベッカ・ホール)を人質に。その後クレアは無事解放されるが、強盗たちの影におびえる日々を過ごす。そんな中、彼女は魅力的な男性に出会うが、その男性こそが自分を人質にしたダグだった。

話題の新作「アルゴ」のベン・アフレック監督(元々、役者で今作でも主演してます)の前作にあたるので、予習しておきたかったのとそもそも評判が良かったので鑑賞しましたが、かっこよくて面白かったですね!

まず、いきなり銀行強盗から始まるんですが、そこがまず物凄くかっこよくて強盗チームの手際がいいんですよ。支店長が若い(30代くらいの)女性(レベッカ・ホール)で、そこはちょっと現実的じゃなかったですが(日本だとまず無さそうですね。アメリカだとありますかね?)まぁでもそこで彼女が支店長である事が、この物語では非常に重要になってくるんですけどね。

とりあえず、ガツンとアクション(映画の中でも特に面白そうなシーン)でつかんで、そこから話を進めて行く映画が、王道なのかも知れないけど、僕は好きですね。

そこから、その強盗チームの関係性とか見せて行くのですが、それもなかなか良かったですね。このタウンでロクデナシの子供として生まれたからには、そう生きるしかないんですよ。代々強盗を受け継いで行くんです。なので、彼らは生まれた時から犯罪者として生きる悲しい宿命なんですよ。ダグ(ベン・アフレック)の親友のジェム(ジェレミー・レナー)が僕は好きでしたね。小さいけどかなり粗暴なんですよ。「グッドフェローズ」のトミー(ジョー・ペシ)っぽくて怖かったですね。他にもデブの車泥棒のプロと電気設備のプロの4人のチームです。それを影で仕切ってるのが人の良さそうな老人の花屋でして。この花屋と言うのが、あるシーンでよく活かされてますよね。でも、この人の良さそうな老人が最低野郎だったってのが、また衝撃でしたね。それとジェムの妹クリスタ(ブレイク・ライヴリー)もかわいそうな超ダメ女でよかったです。悪女だけど、嫉妬心があったりとちょっと憎めないです。

そして、FBI側の視点からも描かれるのですが、それもなかなか良かったんじゃないでしょうか?こういう犯罪者側が主人公の映画の警察って、すごく間抜けに描かれると思うのですが、そういうありえない間抜けな感じはしなかったですね。

早く「アルゴ」が観たくなりました!
[PR]

by eigasirouto | 2012-11-04 11:45 | 旧作(2012年鑑賞)

アウトレイジ【2回目】   

10/16、DVDにて鑑賞。

アウトレイジ
a0250573_11572641.jpg

公式サイト
解説: ヤクザの世界で男たちが生き残りを賭け、裏切りや駆け引きなど壮絶な権力闘争を繰り広げる、「世界のキタノ」こと北野武監督が放つ本格バイオレンス・アクション。タイトルは極悪非道を意味し、登場人物すべてが悪人という異色のドラマが展開する。主演のビートたけし以外、三浦友和、椎名桔平、加瀬亮ら北野作品初登場の豪華キャストが集結。これまで繊細な役柄が多かった加瀬が、監督が絶賛するほどの迫真のキレ演技を見せているのにも注目。
あらすじ: 関東一円を取り仕切る巨大暴力団組織・山王会組長の関内(北村総一朗)が若頭の加藤(三浦友和)に、直参である池元組の組長・池元(國村隼)のことで苦言を呈す。そして、加藤から直系ではない村瀬組を締め付けるよう命令された池元は、配下である大友組の組長・大友(ビートたけし)にその厄介な仕事を任せる。こうして、ヤクザ界の生き残りを賭けた壮絶な権力闘争が幕を開けた。

本当は、「アウトレイジ ビヨンド」鑑賞前に復習して行こうと思ったのですが、なかなか貸出中が続いてたので、結局ビヨンド観てから再鑑賞しました。

もしかしたら、当時2回観た気もするのですが、どっちかちょっと忘れてしまいましたが、それくらいインパクトの多い映画だったのかも知れませんし、その後、色んな評論やらなんやらで、色々と記憶が強化されてったのかも知れませんね。

周りの意見とか色々聞くとやっぱりみんな椎名桔平が好きになる映画みたいですね。僕もそうなんですけど、すごくかっこいいんですよ。なので、ビヨンドには出てこないからそこで物足りなさを感じる人もいるのかなぁ?と思うくらいかっこいいです。

やっぱりビヨンドと比較して、わかりやすいエンターテイメントだなって思います。ドンドン殺される点では同じかも知れませんが、殺し方が色々工夫されてますし、展開もわかりやすいですしね。

近年、停滞していたたけし映画の完全復活作で、僕も僭越ながら2010年度の新作58本中11位(邦画では「十三人の刺客」に次いで2位です。)にさせていただきました。

それでも僕はビヨンド派です。数年後にきっとビヨンドは素晴らしいと語り草になると思うんですけどね。

でも、アウトレイジシリーズはまだまだ観たいぞ!このやろー!
[PR]

by eigasirouto | 2012-11-03 12:13 | 再鑑賞など

ゲゲゲの女房   

10/16、DVDにて鑑賞

ゲゲゲの女房
a0250573_1137367.jpg

公式サイト
解説: 「ゲゲゲの鬼太郎」などで日本を代表する漫画家・水木しげるを、妻として支えてきた布枝夫人の自伝を映画化。お見合いをして5日後に結婚した水木しげると布枝夫人が、貧乏時代を経て、人気漫画家となるまでの半生がつづられる。原作者でもある布枝夫人を演じるのは『釣りバカ日誌20 ファイナル』の吹石一恵。監督や脚本家としても活躍中の宮藤官九郎が水木を演じる。苦楽を共にする夫婦の究極の純愛が堪能できる一作。
あらすじ: 良縁を願っていた29歳の布枝(吹石一恵)は、戦争で片腕を失った10歳年上の漫画家・茂(宮藤官九郎)とお見合いをすることに。お見合いから5日後には結婚式を挙げ、住み慣れた島根県安来から茂の暮らす東京へ出た布枝を待っていたのは、甘い新婚生活とは程遠い貧乏暮らしだった。戸惑いながらも結婚生活を始めた布枝は……。

原作も未読で朝の連ドラも観て無かったですが、一部で非常に評価が高かったので鑑賞しました。ちなみに、鬼太郎シリーズは結構好きで、墓場鬼太郎は文庫で全巻揃えてます。

とにかく淡々と貧乏な夫婦生活を描いて行く話なんで、飽きる人もいるかも知れませんが、これがなかなか面白かったです。
と言うのも、ただの夫婦じゃなくて、やっぱり水木しげる先生と言う、大スターが中心にいますからね。そして、そのスターに一生懸命付いて行こうとする奥さんが主人公で、健気なんですよ。
しかし、淡々と…と書きましたが、色んな工夫がありまして、アニメになったり、その辺に妖怪がいたり、昭和30年代のはずなのに急に新宿は今っぽかったりとオフビートな演出も面白かったですね。

また、貸本屋とか質屋とか、どこまでリアルなのかわかりませんけど、昭和のそういう側面を描いてる所も興味深いですね。

で、本当に温厚なスターである水木先生が、この映画の中で唯一、激昂するシーンは本当に、名シーンだと思いました。グッと来ました。
[PR]

by eigasirouto | 2012-11-03 11:53 | 旧作(2012年鑑賞)

ボラット 栄光ナル国家カザフスタンのためのアメリカ文化学習【2回目】   

10/15、DVD鑑賞にて

ボラット 栄光ナル国家カザフスタンのためのアメリカ文化学習
a0250573_1131255.jpg

前回、見逃していたおまけ映像も今回は鑑賞しました。
スーパーで何度も商品を聞く所とか面白かったです。

サシャ・バロン・コーエンの今後にも期待してます!
[PR]

by eigasirouto | 2012-11-03 11:35 | 再鑑賞など