タグ:アメリカン・ニューシネマ ( 3 ) タグの人気記事   

アウトロー   

2本目!


アウトロー
a0250573_3193174.jpg

解説:南北戦争後の西部に生きた男ジョゼイ・ウェルズの半生を描いたイーストウッド監督・主演の意欲作。アメリカ建国200年記念として製作された大作であったが、単なる娯楽西部劇に終る事なく、一人の男を通してアメリカの歴史を浮かび上がらせた秀作。どことなくニュー・シネマの匂いがする作風もあって、監督イーストウッドを語る上で決して無視できない作品である。

乱雑な並べ方でお馴染みの裏のGEOが、一念発起して、綺麗に並べてくれたので、クリント・イーストウッド監督のDVDを見つける事が出来ました!やれば出来るんですよ。旧作は100円で借りれるから大好きですよ。

1976年の作品で、まさに僕の生まれた年で、同じ年です!

主演も、イーストウッドで、若くて(今もだけど)かっこいいですよ。髭のイーストウッドもいいですね。
このブログでは、初の西部劇なんですけど、僕は、イーストウッド監督の西部劇「許されざる者」を大リスペクトしてまして。常々、それ以前のイーストウッド西部劇も観ておきたいと思ってました。

前半と後半で、結構、雰囲気の変わる映画だなぁと思いましたね。
冒頭で、戦争によって、家族を失う所から始まるんですけど、後半、仲間が増えるに連れて、疑似家族みたいになって行きます。
前半は、復習に燃える男が、孤高に突き進んでる感じでしたけど、「やっちゃって下さい!先輩!」って感じで観てましたけど、どんどん連れが増えて行って、後半では「あ~ん、このままウェールズも、ここに住めばいいのにぃ」と思ってて。

これまた仲間達がいいですよ。インディアンや女性や南北戦争で無職になった人達など、当時の社会的に弱い立場の人間ばかりが、仲間なんですが、賞金首のウェールズは、アウトローと言っても、すごい良い奴(グッドフェローズ)なので、皆が寄って来ます。(敵も寄って来ますが…)
僕は、インディアンのおじいさんが好きでしたね~。
後、この作品の作品中に付き合い出したというソンドラ・ブロックが、すげー美人でしたよ。
それと「カッコーの巣の上で」のチーフことウィル・サンプソンもインディアンの酋長として、出演してましたね。彼と出会った時のウェールズの台詞がカッコイイですよ!
「俺たちみたいな人間にとっては、死ぬのは簡単だ。生きて行く事の方がよっぽど大変だ」
的な事をおっしゃるんですが、ほんと、しびれちゃいますよー。

インディアン関連で言うなら「カムイの剣」で、次郎がインディアンの娘のピンチを救った事で、唐突に親父さんが、「命の恩人だから村の掟にしたがい、嫁にもらってくれ。」という台詞で、劇場は、笑いが起きてましたが、今作にも同じ様な台詞があり、あれは、リアルにあり得る事だったんだ!って、教えられましたよ。あそこは、今後、観るとしたら笑ってはいけませんね。※しかし、その後の次郎の意味不明の台詞及び、親父の返しは、絶対に笑うだろうな。

映画を観終わった後、メイキングとか色々と観たんですけど、当時を振り返って、色んな役者さんや関係者が、ほんとイーストウッドは手際がいいと絶賛してましたね。
それとそれまでは、単純だった西部劇を結構、深いテーマで描いたとの事ですね。僕は、あまり西部劇に詳しくないので、わからなかったですけど。

ただの農民だったウェールズが、なんでこんなに強いの?というのは、ちょっとわかんなかったですけど、イーストウッドだからいいんだよ!って事で、納得しました。

それと最後の字幕が、ちょっと物足りないとの言われてる方もいました。興味ある方は、こちらを読んでみて下さい。

ブログ内関連記事
クリント・イーストウッド
「J・エドガー」
「カッコーの巣の上で」

「カムイの剣」
[PR]

by eigasirouto | 2012-03-30 04:12 | 旧作(2012年鑑賞)

カッコーの巣の上で   

なんで、何度も観ようと思ってたのに、なぜ今まで観てなかったんだ…という後悔の念に苛まれております。その映画とは…

カッコーの巣の上で
a0250573_5442815.jpg

解説:  刑務所の強制労働から逃れるため精神異常を装ってオレゴン州立精神病院に入ったマクマーフィは、そこで行われている管理体制に反発を感じる。彼は絶対権力を誇る婦長ラチェッドと対立しながら、入院患者たちの中に生きる気力を与えていくが……。60年代の精神病院を舞台に、体制の中で抗う男の姿を通して人間の尊厳と社会の不条理を問うK・キージーのベストセラーを、チェコから亡命してきたM・フォアマンが映画化した人間ドラマ。

いきなり結論から入りますが、僕の生涯ベスト3に異変が起きました。

この映画は凄い。

アカデミー賞だからどうのこうの関係無いです。

素晴らしいし、面白いし、かっこいいし、マイノリティの反抗というテーマも僕の最も好きであり大事なテーマであるし、それが説教臭くなく楽しませながら見せてくれるなんて、最高じゃないですか。

名作名作と聞いてたけど、精神病院なので、重いかなぁと思い込んでて、尻込みしてましたが、早く観ておけばよかった…。

確かに、テーマは深くて重いんだけど、そんなの全く感じない作りになってて、ボンクラこそ話に入っていきやすいと思いますね。

まず、主人公のマクマーフィ(ジャック・ニコルソン)が、ずば抜けて好きになったのは、当然の事、他の精神病の患者達も皆好きになりました。憎まれ役の婦長さん達も素晴らしいですよ。

すごいですよ、ジャック・ニコルソンは。なんすか、この人好きのする表情は。このマクマーフィという役のキャラも最高で、発想豊かで度胸がありガサツで喧嘩っ早いんだけど、弱者に対する眼差しは優しく仲間思いの最高の男ですよ。
体制側は、表面だけ見て、悪者にしてますが、規格外だから社会に馴染めないだけで、こんなすげぇ奴をてめぇらのしょうもない基準で測るんじゃねぇ!と激怒テンションで思いましたよ。

1975年の映画ですからね。僕の産まれる1年前なんで、35年以上経って、何を今更はしゃいでるんだと笑われそうですが、僕はあえて言いますよ。〝これは俺の為の映画である〟と。

ちなみに、Blu-rayで観たんですけど、最初、あれ?これもしかして、リメイク版?と思ってしまうくらい映像が綺麗でした。デジタルな世の中ってイイですね~。

マジで金に余裕が出来たら…出来なくても、近々、Blu-ray買いますよ。
[PR]

by eigasirouto | 2012-03-01 05:46 | 旧作(2012年鑑賞)

未知との遭遇   

旧作ですが、観ました。スティーヴン・スピルバーグ監督作品の・・・

未知との遭遇
a0250573_238494.jpg

予告編
ヤフー映画情報

あれだけ「宇宙人ポール」 (感想はこちら)ではしゃいだんですからね。観ない訳にはいきませんよ♪(´ε` )

で、感想なんですが、「え?なにこれ…?僕には何が面白いのかよくわからなかった…」って感じですね。いや、観る時代と僕の感性の問題と思いますよ。僕がついていけなかっただけで。
ただそれでも、ロイ(リチャード・ドレイファス)のキチガイ行動と周りの反応に、痛みとキツさを感じ、最後のシーンに、よかったなぁと思いました。
結構、色んな砂漠で、調査してるシーンも、全く宇宙人を恐れない子供バリーちゃん(ケリー・ギャフィ )も好きでした。
当時としては、映像とかもこれですごい綺麗だったんだろうと思います。

未知との遭遇は、1977年の作品です。僕が1歳の頃ですよ。
1977年と言えばアメリカン・ニューシネマ全盛ですよ。
アメリカン・ニューシネマってのは、それまでの古き良きハリウッドを若い監督達が、否定し、破壊して、もっとリアルな現実を表現したり、ハッピーエンドじゃないオチだったりという時期があったんですよ。
代表的なのは「俺たちに明日はない」「卒業」「イージーライダー」「タクシードライバー」とか、今でも名作とされる映画が、たくさんありますよ。

まぁ音楽で言えば、パンクですね。
パンクも、ちょうどこの年にシドの恋人ナンシーが死んだ年なんで、ピストルズは終わったけど、遺伝子はもう飛び散って、盛り上がってる頃ですよ。
世の中が、一番反骨精神に溢れてた頃なんですよ。

で、未知との遭遇も、アメリカン・ニューシネマの系譜に入るんでしょうね。
主人公ロイは、キチガイですからね。というか子供がそのまま大人になったというか。わが子と映画を観るにあたって、ピノキオを観ると言い張るんですよ。すごいそこに僕は切なさを感じましたね。ちなみに最後にピノキオの話は回収されますよ。またそれも感動的で。
結局、このロイってのは、やはりスピルバーグ自身の投影みたいですね。スピルバーグは子供の時に、両親が離婚してますし、いじめにもあってたみたいで、その頃の経験が、映画に影響してるみたいなんですよ。
スピルバーグ自身がやはりピノキオに思い入れが強いみたいなんですよ。後に「A.I.」でも再び、ピノキオみたいな事に挑戦してるみたいですね。

僕の感想としては、なんだかよくわからない映画だったけど、根底に流れる魂的な部分は、惚れましたね。やはり「We are not alone」いい言葉ですね。


それと「未知との遭遇」の事がよくわかると思うので、
宇多丸さんのキラキラでの紹介も貼っておきますね。

2012/1/20に追記しました→こちら
[PR]

by eigasirouto | 2012-01-12 17:30 | 旧作(2012年鑑賞)