タグ:イタリア/アメリカ ( 1 ) タグの人気記事   

ゾンビ   

ずっと貸出中だった作品が、やっと観れました。
ゾンビ映画の第一人者、ジョージ・A・ロメロ監督のゾンビ三部作の2つ目(1つ目は、「ナイト・オブ・ザ・リビングデッド」)。その名も…

ゾンビ
a0250573_14405126.jpg

解説:1978年製作のホラー映画の金字塔を、ジョージ・A・ロメロ監督本人の再編集によってリバイバル上映するディレクターズ・カット版。ショッピングモールを舞台に、生き残ったわずかな人間とゾンビの群れが恐怖の死闘を繰り広げる。日本公開バージョンの本編よりも 20分も長く、音楽も改めて選曲。オリジナル版にも増して暗く絶望的な終末ムードが全編にわたって漂い、残酷さとともに 描かれるゾンビの苦悶や悲哀も鳥肌ものだ。
あらすじ:死体からよみがえり、街をさまよい歩くゾンビたち。人肉をむさぼり食うゾンビに襲われた人間もまたゾンビと化し、世界中をパニックに陥れていた。そんな中、ショッピングモールに逃げ込むことに成功したスティーヴン(デヴィッド・エムゲ)やピーター(ケン・フォリー)たちだったが、血肉に飢えたゾンビたちの魔の手はすぐそこまで迫っていて……。

今作、「ゾンビ」は、いくつかのバージョンがあるみたいで、僕が観たのは(渋谷TSUTAYAには、このバージョンしか無いんだけど)米国劇場公開版です。
バージョンによっては、音楽が違ったりするみたいで、音楽で全然、印象が変わるみたいなので、いつか、全バージョン観てみたいんですけどね。

僕は、先にリメイクの「ドーン・オブ・ザ・デッド」を観て、本家を後で観ると言うあべこべな鑑賞になってしまいました。
ただのホラーというジャンルにとらわれず、人間ドラマ、コメディ要素、時事性など取り込まれていて、見応えあるし楽しいですよ。
確かに、リメイク版の方が、映像が綺麗だし、人間の価値観も今っぽかったり、登場人物も多くて人間関係が複雑だったり、ゾンビも走るからより切迫した状況だから、単純にリメイク版の方が、現代に生きている僕にとっては、観ていて面白かったとは思います。

しかし、しかし、リメイク版にしろ、この「ゾンビ」ありきだし、その後、無数に作られるゾンビ物もジョージ・A・ロメロが全ての始まりみたいですからね。
ロメロゾンビ3部作の「ナイト・オブ・ザ・リビングデット」「ゾンビ」「死霊のえじき」が、ゾンビ映画のルールブックと言ってもいいんじゃないでしょうか。
でも、ロメロ3部作とか言われてるから、てっきり短いスパンで作られてるかと思ったら「ナイト・オブ・ザ・リビングデッド」から今作まで、10年経ってるんですね。カラーだったんで、ちょっと驚きました。

ブードゥー教の教えでこういうのがあるらしいんですけど、「地獄が死者でいっぱいになると死者が地上を歩き出す」と主人公(黒人)が言うんですが、これは、「ナイト~」では、黒人女性がテレビで言ってる台詞で、ロメロ監督のゾンビ映画のこだわりの部分じゃないでしょうか。リメイク版の「ドーン・オブ・ザ・デッド」では、OPでなんかの宗教の映像があったんですが、あれはブードゥー教の事だったんですね。元を知らないんで、わからなかったです。今作を観て、なるほどと理解出来ました。

で、さっきも書きましたけど、「ナイト~」と同様に主人公は、黒人で、ケン・フォリーが、ピーター・ワシントンという役を演じています。最初は嫌な奴なのかなぁと思いましたが、、実に冷静で勇気のある男でした。
後、リメイク版にも妊婦がいる設定がありましたけど、こちらも妊婦がいました。立場と状況は全然違いますが。ただ、1978年の映画だからか、妊婦がガンガン煙草吸ってて、大丈夫かな~?とか、どうでもいい心配しましたよ。船で逃げる若者に、煙草ある?って聞かれて、みんな「ない」と答えた後、みんな煙草吸いだすシーンは、面白いし、自分だけが生き残りたい、人の為なんて考えて無い真の人間の姿が描かれてると思います。
よくよく考えると主人公達は、みんな自分達さえ良ければいいんですよ。後半、「イージー・ライダー」みたいな暴走族が、ショッピングモールに略奪しに来ますけど、妊婦の彼氏が「俺達の物だぞ!」と憤慨して、攻撃を仕掛けるんですが、色々がんばったけど、お前らの物でも無いだろ!と思ったり。真の人間の姿、本性を描いてると思いますよ。

それと町山さんの解説を聴いて、ロメロさんスゲーと思ったのは、この頃、ショッピングモールが出来始めて、個人商店がドンドン潰れて、みんな暇になるとショッピングモールに出掛けて、このまま行ったらアメリカが崩壊すると思って、今作を作ったみたいです。そして、実際、今アメリカ経済が崩壊しかけてますけど、1978年にそれに気付いたってのは、すごいです。
で、目的も無く、ショッピングモールにばかり集まる奴らを観て、こんな意味の無い人生は、ゾンビと一緒だと思って今作を作ったみたいなんです。

それと科学者が、ゾンビを始末するために、核を落とせばいいとか、そういう科学者に対する皮肉も入ってるのかな?とか思いましたよ。

とか、ゴチャゴチャ言ってますけど、そんなの無しでも面白いと思います。
[PR]

by eigasirouto | 2012-05-14 19:34 | 旧作(2012年鑑賞)