タグ:スポーツ ( 5 ) タグの人気記事   

ヤング・ゼネレーション   

ちょくちょく映画やDVD観てるんですけど、色々忙しくて完全に放置してしまってました。

ヤング・ゼネレーション
a0250573_249523.jpg

解説:インディアナ州ブルーミントンを舞台に、大学へも行かず自分の目的を模索している4人の若者を生き生きと描いた青春映画。イタリアかぶれの主人公と彼が熱中する自転車レースを中心に、家庭の問題、大学生とのトラブル、恋などのエピソードを織り込んだスティーヴ・テシックの脚本(アカデミー受賞)を、ベテランP・イエーツが自然体でさらりと演出。

今、メモ帳を見たら8/5に鑑賞してますから、もう12日も過ぎてるんですね…。

そして、この映画はと言いますと、地味な映画なんですけど、間違い無く傑作です!

主人公デイヴ(デニス・クリストファー)のイタリアかぶれとそれに呆れる父親(ポール・ドゥーリイ)とのやりとりが非常におかしくて笑っちゃうんですけど、前半のそのノリが、ある出来事以降、ガラリと変わってしまいます。
すごく憧れていた者に裏切られたショックは、計り知れないものがあると思います。
デイヴが父親に、「世の中には悪い奴がいるんだね。知らなかった。」という台詞に思わず泣きそうになってしまいました。僕も小学校の頃に、本当に悪意のある嫌がらせをされた時に、人間という生き物に衝撃を受けた事を思い出しましたね。僕はてっきり皆が正義に憧れてると当時思ってましたから。
真っすぐに何かに取り憑かれた様に、必死に憧れになろうとするその姿に、自分を重ね合わせてみてました。その姿を周りは笑うし、確かにイタいのかも知れないけど、でも、その気持ちって本当に素晴らしい事だと思います。そうやって、笑われる事に臆病になり、好きな事をやめるのは、本当にもったいないですよね。今、周りの10人が敵でも、その周りの100人が味方かも知れないですからね。好きな事を貫く事は非常に難しいですけど、それを通すときっと良い事が待ってると思うので、若い人は絶対に曲げないで欲しいですね。
と、少し本題とズレましたが、でも、そういう事を考えさせてくれて、教えてくれる映画でした。

また、友達も良かったですね。いつも4人組なんですけど、4人とも友達だし最初は似たようなキャラで誰が誰やらわからなかったんですけど、ちゃんと観て行くと全然違うキャラで。それぞれに個別の葛藤があったりして。特に、兄が警察をやってるマイク(デニス・クエイド)の話は、よく出来た兄とダメな弟という、よくアメリカ映画にありがちな設定ながら好きでしたね。基本、工場の跡地の池みたいな所で、泳いで遊んだり、家があまり裕福では無い為に大学に通えず、その鬱憤を晴らすかの如く、大学生をからかってみたりして遊んでます。こういう複数の友達って僕は憧れますねぇ。

恋愛のシーンも普通にかわいいなぁと思って観てましたし、ラストの自転車レースのシーンも本当の自転車レースと観てる様で、迫力ありましたね!最後はスポーツ映画の王道らしいですけど、それまでの流れで、絶対そうなって欲しい!!と強く思って観てました。スポーツものは、主人公側を一生懸命応援したくなる気持ちにしてくれたら、もう勝ちですよね。

冒頭に戻りますけど、淡々としてるし地味に思えるかも知れないけど、とにかく素晴らしい傑作だと思うので、死ぬまでに観といた方が、間違い無くいいと思います。
[PR]

by eigasirouto | 2012-08-17 03:22 | 旧作(2012年鑑賞)

ソウル・サーファー   

6/15(金)に、ユナイテッドシネマとしまえんで鑑賞した2本目!

ソウル・サーファー
a0250573_16273332.jpg

公式サイト
解説:サメに襲われ片腕を失いながらもプロを目指して再起した実在のサーファー、ベサニー・ハミルトンの実話を映画化した感動作。突然の悲劇に絶望しサーフィンと決別しようとするものの、競技者として復活を果たした彼女の不屈の精神と家族のきずなを描く。主演は、『テラビシアにかける橋』のアナソフィア・ロブ。共演には『恋愛小説家』でオスカーを受賞したヘレン・ハント、『エデンより彼方に』のデニス・クエイド、名優ジャック・ニコルソンの娘ロレイン・ニコルソンらがそろう。
あらすじ:透き通るような美しいハワイの海を愛し、幼少時代からプロのサーファーになることを目指してきたベサニー(アナソフィア・ロブ)は、13歳のときにサメに襲われ左腕を失う。絶望した彼女はサーフィンを断念し別の道を歩もうとするが、どうしてもサーフィンをあきらめることはできなかった。そして、家族に支えられながら想像を絶するような特訓を重ね、再びプロを目指す。

これは、多くの人にとって平均点は越える映画だと思います。強いて言うなら、予告で想像した通りとか、いい話過ぎじゃないか?と言いがかりをつけるくらいしか、僕は否定する場所が思い付きません。僕個人としては、今年公開の新作にもっと偏って好きな作品はいくつかありますけど、間違い無く素晴らしい映画だと思います。今年の新作映画で好きな作品を大人数で投票するとこういう映画が上位に来るんじゃないでしょうか?

今まで、ハワイが舞台の映画ってそんなに観た記憶が無いですけど、「ファミリー・ツリー」に続いて、今年2本目ですね。共に、ハワイの海は綺麗で、全然違いますけど家族の話ですね。後、どちらも楽園だけど、のほほんとしてる訳じゃない話ですね。

今回の目次
①実在の人物ベサニー・ハミルトン
②アナソフィア・ロブ演じるべサニー・ハミルトンと家族
③映画自体について
④まとめ
です!


①実在の人物ベサニー・ハミルトン

僕は、サーフィンに全く興味を抱かないインドア派野郎なので、彼女の事を全く存じ上げませんでしたが、この映画で知る事が出来てよかったと思います。

13歳の時、イタチザメに襲われて、左腕を食いちぎられたにも関わらず、それでも努力、工夫、家族の助けなどにより、サーフィンを続けてる女性みたいです。本当にこの不屈の精神は、見習いたいものですが、彼女にとっては、好きなサーフィンをやりたいだけで、周りが勝手に感動してるだけかも知れないですけどね。しかし、どんな状況であれ、好きなものをやり続ける、これこそを僕は最も尊敬します。
a0250573_17132855.jpg

実際、サーフィンをやってる友達に聞くとサーフィンは、本当に難しいらしいですよ。普通の生活をしていて、片腕が無いだけでも大変なのに、バランスが非常に大事そうなサーフィンを出来るなんて、たゆまぬ努力も当然あるでしょうが、本当に好きで好きでたまらないんでしょうね。好きというか、生活の一部なんじゃないでしょうか。食べる寝ると同様にやるものだと子供の頃からやってる彼女からしたらそういう事なのかも知れませんね。

まだ映画でしか僕は彼女の事を知りませんが、色んな事を彼女から学びとれますね。


②アナソフィア・ロブ演じるべサニー・ハミルトンと家族

アナソフィア・ロブの出演作は、始めての鑑賞になりますが、顔は似て無いですけど、この意思の強そうな目つきは、べサニー・ハミルトンの役にぴったりだったんじゃないでしょうか。
a0250573_2303986.jpg

言葉で説明しなくても、強さが十分に伝わりましたよ。

本物のべサニー・ハミルトンが、どういう人なのかわからないですが、少なくともアナソフィア・ロブ演じるべサニー・ハミルトンの事は、好きになりましたね。

サーフィンがメチャクチャ上手いけど、全然それが鼻に付く感じでは無くて、家族思いのイイ子なんですが、特筆すべきは、さっきから言ってますけど、本当に芯が強い子で、前向きでひたむきな彼女を見てると小さい事でウジウジしている自分がちょっと恥ずかしくなりましたね。

また、この家族が素晴らしいです。

母親を演じたヘレン・ハントも父親役のデニス・クエイドも、理想の夫婦像だと思えるし、2人の兄もよかったです。特に、長男を演じたロス・トーマスが好きでした。
a0250573_23164090.jpg

ちょっとライアン・ゴズリングに似てると言うのが最大の理由かも知れませんが、頼りになる兄貴って感じで好きになりました。


③映画自体について

ストーリーは、確かに予告を見て、みなさんが思い描くストーリーと変わらないと思います。大体、想像つくじゃないですか。上手いサーファーの女の子が、サメに片腕食べられて落ち込むけど、ONCE AGAINする話って言うのは。でも、大事なのはそのプロセスで、彼女はどう立ちあがるのか?が見所だと思うのですが、意外にあっさりとサーフィンやる!ってなって、大会にも出れるみたいで、あれれ?と思ったら、更にその先に苦難が待ち構えてて、そこじゃなかったんだと思わされました。そして、彼女は絶望するんですが、ある行動により成長して、再び立ち上がるという話でした。それは決して想像の粋を越える出来事じゃないかも知れないけど、しかし、説得力のある出来事とそれに対する〝気付き〟で彼女は再び立ち上がるという流れでした。

後、彼女のライバルの女の子との関係性もよかったですね。隻腕になった彼女に気を遣う周りも決して悪いとは言い切れないけど、ライバル心むき出しで特別扱いしない彼女の姿勢にプロを感じたし、それに対してべサニーも喜ぶという、慣れ合いではない友情を感じさせてくれて、好きなポイントですね。

そもそもの話が凄まじいので、ショーン・マクナマラ監督の作品は、初めてで、一体どういう監督なのかはわからないままですが、過去作や次回作もチェックはしておきたい所ですね。
でも、サメの登場がいきなりで、その後の皆のリアクションとか、すごくリアルな感じがしましたよ。てっきりサメに噛まれた瞬間、べサニーが泣きわめくと予想してましたが、放心状態になるというのも、リアルだったらそうかも…と思いました。人生がいきなり真っ暗になりますし、それによって彼女の強さも描けてると思いました。

サメに襲われるまでもよくて、海ではしゃぐシーンを観てて、「ピラニア3D」を思い出したんですけど、あの映画だと(かなり不謹慎ですが)人間側が調子コキ過ぎてるから喰われても「ざまぁ!」とか思うし、それはわざとそういう作りにしてますけど、この映画でそういう風に思わせたら絶対アウトじゃないですか。絶対に、不幸な出来事に見せないといけない。そこがちゃんと抑えられていてよかったと思います。「ピラニア3D」は、あれはあれで大好きでしたよ。


④まとめ

とにかく今作は、余程のひねくれ者以外、誰が観ても一定の面白さは約束出来る代物だと思いますんで、是非、映画館で確認して観て下さい!
[PR]

by eigasirouto | 2012-06-19 00:00 | 新作映画(2012)

ひゃくはち   

「宇宙兄弟」鑑賞前に、関係者の関連作品を観ておこう企画①<監督編>

ひゃくはち
a0250573_19375077.jpg

解説:万年補欠の野球部員たちにスポットを当て、彼らの汗と涙と友情をリアルに映し出す青春ドラマ。レギュラーにはなれなくても、夢中で夢を追い続ける青年の真っすぐな野球への情熱を余すところなくみせる。今回映画初主演に挑んだのは、斎藤嘉樹と『恋空』の中村蒼。実際にクラスメートだった2人の演技と、これがデビュー作となる森義隆監督による部活並みの訓練が生かされた野球シーンは必見。
あらすじ:野球の名門校、京浜高校の補欠部員の雅人(斎藤嘉樹)とノブ(中村蒼)は甲子園出場を夢見ていた。親友同士の2人はお互いに励まし合いながら猛練習に励むが、上級生が夏の大会で引退してもなかなか彼らにレギュラーの座は回って来ない。雅人は監督(竹内力)に何とか認めてもらおうと、寮長に立候補したりして自分をアピールするが……。

「宇宙兄弟」の森義隆監督の作品を鑑賞しておこうと思ったのですが、今作と「畳の桃源郷」というのしか無くて、「畳の桃源郷」に関しては、DVDとかも無さそうなので、森監督の今作と「宇宙兄弟」脚本の大森美香さんの作品2本ほどを予習してから「宇宙兄弟」を鑑賞しようと思います。

原作の小説は未読ですが、僕も何を隠そう野球部の補欠だったので、それなりに楽しく鑑賞出来ましたよ。
・野球描写が実際の高校野球みたいでリアルでよかった!
・ちゃんと全員坊主にしてる所がよかった!
・補欠に焦点を当てた所がよかった!
・主演の2人に実在感があってよかった!
・斎藤嘉樹演じる雅人の野球描写がサマになってて、よかった!
・体育会系の先輩後輩の関係性が上手く描けてて、よかった!
・何度も描かれる練習シーンが、リアルでよかった!
・オチが雅人のキャラならではで、よかった!
この辺は、よかったと思います。

でも、ちょっと気になる点、よくわからない点もありました。
・甲子園常連校の選手達にしては、線が細すぎる。
・甲子園常連校の生徒が、そんなにタバコを吸うのか?(強豪校を体験してないからわからないけど)
・ノブを演じる中村蒼が、おそらく野球が下手で、カットしたんだと思うけど、ダブル主人公なのに、雅人の練習シーンばかりだった。
・寮の規則がユルい気がする。(今の高校野球はわからないけど)
・雅人の彼女になった女子大生の話が、投げっぱなしだった。
・新人記者の存在理由。
・煩悩とボールの縫い目が、108なのは、一緒だけど、結局、この物語にそれが、どう絡んだのかが、よくわからなかった。
・無駄に長くなってる気がする
この辺は、僕の情報量の弱さや理解度、後、しょうがない部分とかなので、一概に悪いとは言えませんが…。

個人的に、ちょっと気に食わない点もあります。
・高校球児でもタバコを吸ってる人はいるのは間違い無いけど、わざわざ主人公達に吸わせる必要があったのか?例えば、プロ注目の佐々木(高良健吾)が、野球上手いけど、タバコ吸ってて、主人公2人に薦めるけど、ヤンチャな雅人もそこだけは守ってるみたいな部分があった方が、より主人公を好きになれたと思う。
・主人公2人共に彼女がいる。練習ばかりで女とは、なかなか縁が無く、恋愛対象はマネージャーというありがちな野球物のパターンを変えたかったかも知れないけど、やっぱり雅人は、童貞の方が、こちらも応援したくなると思う。ノブは彼女いる事に苦虫を噛んだりしても、良かったのでは?
・それに、せっかく彼女出て来ても、物語に全然絡んで来ないなら要らないと思う。せっかく出したんならフラれて野球に打ち込むとか、あってもよかったんじゃないか?
と言う、僕の心が狭いのかも知れませんけど、この辺はどうかなぁと思ってます。ここが、クリアされてたら人生ベスト級に好きになった(俺の映画的な)可能性はあったと思うんですけどね。でも、ここが気に食わないから普通より好きくらいの映画になりました。

後、やっぱりわからないのは、煩悩とボールの縫い目、要するに「108」についての事ですが、ベンチ入り目指して、煩悩を捨てて、練習に打ち込んだって事ですかね?それとも、ライバルへの怒り、対抗心、嫉妬心で練習に打ち込めるんで、逆に煩悩を肯定したって事なんですかね?
ただ、どっちにしろ、「108」の話は、とって付けた様な印象しか無いですね。原作を読むとわかるのかも知れませんが…。

とか、気になる点は、確かにいくつかありますけど、嫌いな映画じゃないですよ。「宇宙兄弟」も、ちょっと期待出来そうです!

後、このブログ的には、「テルマエ・ロマエ」に引き続き、竹内力先生が出てましたよ。と言うか、竹内力が制作に加わってますね。一体、竹内力がこのさわやかな話のどこに琴線触れたんですかね?w
[PR]

by eigasirouto | 2012-05-08 21:04 | 旧作(2012年鑑賞)

レイジング・ブル   

「ヒューゴの不思議な発明」鑑賞前に、マーティン・スコセッシ作品を鑑賞しておきました。

レイジング・ブル
a0250573_20271215.jpg

解説:実在のミドル級ボクサー、ジェイク・ラモッタの栄光と挫折の半生。試合シーンの壮絶な迫力は筆舌に尽くし難く、ボクシング映画としてのクォリティも高いが、あくまでも作品の根底にあるのは、自らの猜疑心によって妻や弟を失う男を描いた人間ドラマ。引退後のシーンのため体重を25キロ増やしてまで破滅型の主人公を演じきったデ・ニーロはアカデミー主演男優賞を受賞。全編のほとんどを占める白黒画面も美しい。

マーティン・スコセッシ監督作品は、あんまり鑑賞してないんですが、「タクシードライバー」と「キング・オブ・コメディ」は、僕にとって非常に大切な作品でして、スコセッシ作品も今後、観て行きたいなぁと思ってたんですが、大量の観たい作品があって、なかなか観れてない状態でした。
その状況で、やっと1本は鑑賞しました。そして、結局、この作品も僕にとって大切な作品になりました。

スコセッシ監督の特徴は、僕が観た中では〝何かに取りつかれて突き進む男〟が主人公なんですが、今作も同じでした。今作は、実在の人物ジェイク・ラモッタと言うボクサーの話ですが、ほんとに破滅型の生き方をしてます。感情移入はしにくいのかも知れないけど、その向う見ずな行動のかっこよさを持ってる人物でした。
この〝かっこよさ〟は、「あしたのジョー」や、辰吉丈一郎が好きな人ならわかると思うんですけど、僕らの様な日和見野郎は、憧れてしまいますよ。男たるものこの様に生きたいのですがね…。

「デ・ニーロ・アプローチ」という言葉がありますが、今作は、その完成系とも言われてますね。現役時代から引退後まで描くので、ロバート・デ・ニーロが体重を27㎏増量させたみたいです。恐ろしいですよ。ただデ・ニーロは「太るのは、簡単だった。高級イタリア料理ばかり食ってればいいから」と言ってたらしいですけどね。

本作は、「タクシードライバー」と「キング・オブ・コメディ」の間の作品ですけど、冒頭の痩せてる姿から太ったキャラになる様は、トラヴィスがパプキンになって行く様に思えましたよ。

ほぼ、白黒で描かれてるんですが、特にオープニングのスローでリング上でフットワークをこなす姿を映しだす画は、非常にかっこいいですよ。
後半のシュガー・レイとの試合は迫力満点で、音や映像の力でこちらにパンチの重みや痛みが伝わって来ました。

観る人が観たらもしかして、退屈な映画に思う人もいるかも知れませんが、男なら観ておくべき作品じゃないでしょうか。

ブログ内関連記事
マーティン・スコセッシ
[PR]

by eigasirouto | 2012-03-14 00:00 | 旧作(2012年鑑賞)

ローラーガールズ・ダイアリー   

映画募集のコーナー(詳しくは→こちら)に寄せられたコメントから抜粋して、DVDで旧作鑑賞しました!
寄せられたコメントは↓です!
ルーパスさんはじめましてこんにちわ。
いつも楽しく拝見させていただいてます(^∇^)
でも最初の宇宙人ポールのレビューは長すぎて、途中で読むのやめちゃいました~( ゚ ρ ゚ )
でも、夢中に書いてて、ついつい長文になっちゃうルーパスさんがかわいくて、愛おしく思う日々です(。・・。)ポッ
早速、ルーパスさんに観て欲しい映画があるのですが、それは「ローラーガールズ・ダイアリー」って作品です。
私は、この作品を観て自分を見つめ直すきっかけになり、長年勤めた会社をやめましたo(^-^)o
今では、長年の夢であった朝から晩までパチンコ屋にいりびたりこれまでの貯金をすり減らすという生活を実現させて、ホント幸せです!
この私の人生を変えた「ローラーガールズ・ダイアリー」をルーパスさんが、どう観るか非常に興味がありますo(^^o)(o^^)oワクワク
ぜひ、よろしくお願いします。
杉並区在住、中谷幹夫(仮名)56歳
中谷さんありがとうございます!前半、女性と思ってドキドキして読んでましたが、男性だったんですね。しかも結構年齢も・・・。というか生活大丈夫ですか?家族の事に言及されてませんが、理解は得られてるのですか?僕も人の事を心配出来る立場ではありませんが・・・。まぁそれはさておき、「ローラーガールズ・ダイアリー」は評判いいんで、観ようと思ってましたんで、早速観ましたよ!という事で・・・

ローラーガールズ・ダイアリー

a0250573_416318.jpg

ホームページ

いやぁ中谷さん!これを観て仕事を辞めるのは、どうかと思いますが、すごく面白かったですよ!

今回も、長くなりそうだし、多分、このページじゃ書ききれないほど言いたい事は、山積みなんで、追記もたくさんする予定なんで、観てない人は、即DVD借りて観て下さい。これから女の子かわいいって話をするんで男向け萌え映画か?と思われるかもしれませんが、いやいや、これは、女の子が自己を確立していく話なんで、女性は好きになると思いますよ。母と娘の葛藤の話でもありますし。それでいて男性が観て面白いはずです。

それじゃあ、本題に入りますが、とにもかくにも主演のエレン・ペイジちゃんがマジかわいいですよ。
彼女が出演してる映画で僕が観たのは、「インセプション」「スーパー!」(どちらもこの作品より後の作品ですが)だけだと思いますけど、この人、僕好きですよ。自分のタイプってあんまりわからなかったんですけど、僕この人タイプですよ。
「インセプション」は、真面目な子を演じてて、好印象でしたし、「スーパー!」でのぶっ飛んだあの子も最高でしたよ。
演技も上手いしイイですよ、この人!

後、僕が他にも綺麗だなって思ったのは、クリステン・ウィグ ですね。ブリス(エレン・ペイジ)と息子を車に乗せてるシーンですごく綺麗だと思いました。それこそ「宇宙人ポール」 (→感想)にも出てましたけど、彼女は、その時より美人に見えましたよ。この人、僕好きですよ。自分のタイプってあんまりわからなかったんですけど、僕この人タイプですよ。
ちなみにこういう顔です↓
a0250573_449322.jpg

【結論】どうやら僕には、確固たるタイプに対する信念が無いですね。

スミマセン、まだ女性2人を紹介しただけですが、睡魔に襲われてます・・・。まだこの映画については、何一つ語れてません・・・。が、ここで一旦パソコンを閉じさせて下さい!早めに追記は書きますので。おやすみなさい。

起きて追記書きました。→こちら
2012/1/17に追記2を書きました→こちら
[PR]

by eigasirouto | 2012-01-16 05:17 | 旧作(2012年鑑賞)