タグ:フランス ( 3 ) タグの人気記事   

最強のふたり   

10/1、新宿武蔵野館で鑑賞しました。

最強のふたり
a0250573_023434.jpg

公式サイト
解説: 車いすで生活している大富豪と介護者として雇われた黒人青年が垣根を越えて友情を結ぶ、実話を基にしたヒューマン・コメディー。年齢や環境、好みも異なる二人が、お互いを認め合い、変化していくプロセスを描いていく。監督は、本作が長編4作目となるエリック・トレダノとオリヴィエ・ナカシュのコンビ。主演は、『歌え! ジャニス★ジョプリンのように』のフランソワ・クリュゼと『ミックマック』のオマール・シー。フランス本国のみならずヨーロッパで記録的なヒットを樹立した、笑いと感動に包まれた良質なコメディーを堪能できる。
あらすじ: 不慮の事故で全身麻痺(まひ)になってしまった大富豪のフィリップ(フランソワ・クリュゼ)は、新しい介護者を探していた。スラム出身の黒人青年ドリス(オマール・シー)は生活保護の申請に必要な不採用通知を目当てに面接にきた不届き者だったが、フィリップは彼を採用することに。すべてが異なる二人はぶつかり合いながらも、次第に友情をはぐくんでいき……。

これは、まず視点についての映画じゃないかと思うのです。

一般的に言う所の社会の底辺で生きているドリス(オマール・シー)の視点はとにかく純粋です。

障害者に気を遣うのも、また差別だと思うのですが、ドリスには、障害者であるフィリップ(フランソワ・クリュゼ)に対して、全く気を遣ったりしませんし、偽善もありません。

また、絵画やオペラやら、金持ちが芸術だと価値を見出してる物をバカバカしい事と捉えています。特にオペラ演劇の時、急に歌い出す役者を観て彼は爆笑するのですが、僕はそこがツボで笑いが止まらなくなりました。

そんな彼を学の無い無知なバカ。と捉える人もいるでしょう。しかし、知識があるからこそ見落とす物もあるんじゃないか?と言う事をドリスを通じ、映画を通じて、改めて学んだ気がします。知識があるとそう言うものだ。と思ってしまうと言う事は往々にしてあると思います。子供の頃にオペラを観た時に、僕も笑いましたし、ピカソの絵だって下手くそだと思ったものです。ただ、知識が入っちゃうともうそういう見方は出来ないですからね。でも改めて考えるとやっぱりこれって変かもよ~?と言うメッセージも無きにしもあらずじゃないでしょうか。

そもそも芸術って何だろう?と言う問いと、芸術に群がる金持ちのおかしさを浮き上がらせてると言う部分では、僕の2011年の新作1位だった「イグジット・スルー・ザ・ギフトショップ」にも通じるテーマもあったと思います。

と、そんな風に何も知らない純粋なドリスは、我々に純粋視点を思い出させてくれます。

そんなドリスは、障害者フィリップにも容赦ないです。チョコを食べてて、フィリップが欲しがっても「これは健常者用だ」とおちょくってみたり、マリファナやら煙草やら吸わせてみたりとダチ感覚で接します。前科もあり問題児とされるドリスですが、フィリップにとっては、自分に気を遣わないドリスを気に入り受け入れます。

ここで、重要なのは、こういう感動話になりそうな話をギャグで描いてる所が素晴らしいなと思いました。それで行くと「ヘルプ 〜心がつなぐストーリー〜」にも似てるなぁと思いました。

フィリップ金持ち過ぎだし、他の介護者に対して、つんけんし過ぎ!と言うのは、ちょっと気になりましたけど、総合的に面白くて、最後はグッと来る映画でした。

後、ベテラン介護士のおばちゃんがよかったです。
[PR]

by eigasirouto | 2012-10-06 00:45 | 新作映画(2012)

アーティスト   

金曜日、1000円なのでユナイテッドシネマとしまえんで、3本の映画を鑑賞して来ましたよ。まず、1本目!

アーティスト
a0250573_0552731.jpg

公式サイト
解説:サイレントからトーキーへと移り変わるころのハリウッドを舞台に、スター俳優の葛藤(かっとう)と愛を美しいモノクロ映像でつづるサイレント映画。フランスのミシェル・アザナヴィシウス監督がメガホンを取り、ヨーロッパのみならずアメリカの映画賞をも席巻。芸術家(アーティスト)であることに誇りをもち、時代の変化の波に乗れずに凋落(ちょうらく)してしまうスターを演じるのは、『OSS 117 私を愛したカフェオーレ』のジャン・デュジャルダン。ほかに、ジョン・グッドマンなどのハリウッドの名脇役が出演。サイレントの傑作の数々へのオマージュが映画ファンの心をくすぐり、シンプルでロマンチックなラブストーリーも感動を誘う。
あらすじ:1927年のハリウッドで、サイレント映画のスターとして君臨していたジョージ・ヴァレンティン(ジャン・デュジャルダン)は、新作の舞台あいさつで新人女優ペピー(ベレニス・ベジョ)と出会う。その後オーディションを経て、ジョージの何げないアドバイスをきっかけにヒロインを務めるほどになったペピーは、トーキー映画のスターへと駆け上がる。一方ジョージは、かたくなにサイレントにこだわっていたが、自身の監督・主演作がヒットせず……。

今回の記事は、どっちつかずの感想でモヤモヤするかも知れません…。

フランス映画でありながら、今年のアカデミー作品賞など5部門に選ばれた作品です。

フランス映画の今作が、古き良きハリウッド映画を描き、スコセッシ監督が「ヒューゴの不思議な発明」で、アメリカ映画が、古き良きフランス映画を描き、アカデミーを5部門ずつ分け合うと言う所が、面白いですね。

サイレント映画からトーキー映画に移行する時代の話を白黒サイレント映画で表現するという興味深い作品です。

単純な栄枯盛衰のお話ですけど、サイレント映画と言う今となっては、逆に新鮮な手法の映画なので、なかなか見応えありましたね。
と言うか、僕もチャップリンくらいしか無声映画は観た事ないんで、サイレント映画初心者みたいなものですからね。

説明過多な作品や3Dなどへのカウンターパンチとなったのでは無いでしょうか。

「シネマ頭脳」と言う本で、サイレント時代はスクリーンの前にオーケストラを置いて生演奏してたみたいな事を書いてて、OPでいきなりそれを観せてくれて、「おお!」と思いました。そーいう喜びはありましたしね。

普通にいい映画だし、楽しいし、感動もありますし、どのレビューを読んでも、割とみんな大絶賛です。

ただし、僕としては、いい映画だと思うし僕なんかが理解出来て無いだけと思うんですけど、この大絶賛ムードに違和感が無くもないって感じです。100点満点の映画なのかも知れないけど、だからなんだよと言う気持ちがあって。

自分でも、その原因をまだ掴み切れて無くて、未だに探ってる状況なんですけど、強いて言えば、個人的には、あんまり面白くなかっただけなのかなぁ…と。

いや、いい映画なのは間違いないと思うんですけど、そこまで大絶賛の映画なんでしょうか?
さっきも書いたけどストーリー自体はベタだし、この実験的試みの部分と現代に成立させた演技演出はすごいですけど、それくらいしか僕は、いいと思わなかったです。
それと犬がおりこうさんだなぁと言うのも、良かったですかね。
後、プロデューサー役のジョン・グッドマンがやっぱりいい味出してるなぁと思って観てましたよ。
「ヒューゴ~」にもあった、フィルムを燃やすシーンもよかったし、一本だけ残した作品がアレで、泣きそうになりましたし。更に、ラストのあれもよかったし。
…うーん、なんだかんだ好きな所ありますね。

でも、だからってサイレント映画こそ素晴らしいとか、今の映画はダメだ的な風潮を勝手に感じて、違うなって思うから反発を抱いてるのかも知れません。

なんか、やっぱりモヤモヤした感じになってしまいました。ごめんなさい。

2012/4/16に「ドライヴ追記」にて、純愛繋がりで、強引に今作の追記をしています。→こちら
[PR]

by eigasirouto | 2012-04-14 01:24 | 新作映画(2012)

軽蔑   

2011年の邦画ではなく、ゴダールの方です。

軽蔑
a0250573_151567.jpg

解説:  劇作家のポールのもとに、辣腕プロデューサーのプロコシュがシナリオの書き直しを依頼しに来た。フリッツ・ラング(本人)が監督する新作『オデュッセイア』があまりにも難解すぎるからだ。打ち合わせの後、プロコシュの自宅へ招かれたポールと妻カミーユだったが、後からやって来たポールにカミーユの態度は冷たい。彼女が何に対して怒っているのか、二人の仲は自宅へ戻っても変わらない。あんなに愛し合ったのに、ベッドを共にする事も拒絶するカミーユ。やがて、映画のロケのためにカプリ島に出かけた際、ポールはカミーユとプロコシュがキスしている光景を目にする……。

1963年の映画で、このブログ内で言うなら「アラビアのロレンス」の翌年です。

「トロピック・サンダー/史上最低の作戦」同様に、映画の中で映画を撮影する映画でもあります。こちらはコメディじゃない(と思う)ですが。

ここから恥を忍んで、無知をさらけ出します。このブログだけは正直に行きたいので、あえて書きます。軽蔑するといいですよ。

数年前まで、映画の事を本当に全然、知らなかったんで、今になって、ヌーヴェルヴァーグとか勉強してるんですよ。それで、ゴダールという名前は、昔から知ってましたけど、映画の歴史上の人物くらいに思ってて、調べたら生きてるし、つい最近も映画撮ってたんですね…。恥ずかしいです…。更に言うならイーストウッド監督と同じ歳なんですね。という状態です。

そんな僕でも、「勝手にしやがれ」と「気狂いピエロ」は、実は昔鑑賞してて、それは、パンクっぽい名前に惹かれて借りたんですけど。数年前までは、タイトルとジャケだけで借りてて、全然、監督の事とか、考えても無かったです。

そんな状態なんで、まともな事なんて、どうせ書けないですよ。
男と女、映画の真理について、描かれてると思うんですが、まだまだ映画がわかってない低能無知な僕には、ピンと来なかったです。
色彩がすごく拘ってて、その時にブリジット・バルドーのバスタオルの色、プロデユーサーの車の色、通訳の服の色とか当然、意味があるとの事です。わざとらしく着替えたりしますし。

ただ、色んなブログ読んだけど、理論な意見があって、よくわかりませんでした。
赤→欲情、黄色→中立、青→冷めてる
なんて、見立ては、さすがに浅薄過ぎますよね…。

でも、女って、マジよくわかんないんスけど…。と言うのは、(それがメッセージならば)わかりました。49年前も変わらない普遍的なものなんですかね。さっき観たアメトーークでのケンコバさんの発言にかなり共感したりもしてる僕です。
それとハリウッド式の商業中心に対する危機感みたいなのもあるのかと思います。

でも、ブリジット・バルドーの裸が綺麗だなぁと言うのが、一番嬉しくて。
a0250573_2552194.jpg

これが、そのお尻なんですけど。

冒頭で、これはエロい映画と思って観て、いいんですね?と思って喜んでました。
その直後に、映画の中の映画の試写のシーンになって、アメリカのバカなプロデューサーが、「こんなわかりにくい映画を一般人が理解出来るか!」と監督に激怒するんです。ただ、そのプロデューサーが、唯一喜んだのは、女が裸で泳いでるシーンなんですよ。
「ああ…所詮、俺も映画がなんたるか全くわかってない低俗な人間さ」と心の中で思いましたよ。
というか、こういう意地悪も全然、嫌いじゃないです。「やられた!」と気分で、逆に嬉しい悪意ですよ。

実際、この映画の本当のプロデューサーに、当時セックスシンボルだった「ブリジット・バルドーの裸が少なすぎる!」と言われて、OPで裸のシーンを入れたとの事です。洒落がきいてますよ。

確かに、裸は綺麗ですけど、エロさを特に感じ無かったんですよ。なんだか芸術的な感じがしましたよ。ゴダール監督自身が、そもそもこのシーンを撮る気が無かったからと言う事を知って、腑に落ちました。

まぁ、そこまで映画に深入りしなくてもいいと思う人には、なかなかおススメ出来るとは、思えませんけど、映画詳しくなりたい人は、やっぱり観なきゃですね。でも、普遍的な恋愛が描かれてると思います。

昨日、「カンフー・パンダ2」で、感想は、そんなに書かないとか言ったものの、ついつい長々と書いてしまいました…。

ブログ内関連記事
ジャン=リュック・ゴダール
「アラビアのロレンス/完全版」
「トロピック・サンダー/史上最低の作戦」
[PR]

by eigasirouto | 2012-04-06 03:19 | 旧作(2012年鑑賞)