タグ:ポリス ( 2 ) タグの人気記事   

踊る大捜査線 THE FINAL 新たなる希望   

9/28、ユナイテッドシネマとしまえんにて。

踊る大捜査線 THE FINAL 新たなる希望
a0250573_28873.gif

オフィシャルサイト
解説: テレビドラマ、映画共に絶大な人気を誇り、映画版では数々の記録を打ち立てた『踊る大捜査線』シリーズの劇場版第4弾にして最終作。警察が押収した拳銃が絡む殺人事件を皮切りに、第2の殺人、そしてユースケ・サンタマリア演じる真下湾岸署署長の子どもの誘拐事件が発生し、織田裕二ふんする青島ら湾岸署のメンバーが捜査に奔走する。織田、深津絵里などのレギュラー陣、前作から加わった小栗旬のほか、犯人役でSMAPの香取慎吾が出演。青島たちにいかなる試練が待ち受けるのか、15年の歴史に幕を下ろすにふさわしい派手な展開に期待。
あらすじ: 国際環境エネルギーサミット会場で誘拐事件が起こり、その後被害者が殺された状態で発見される。殺害に使われたのは、警察が押収した拳銃だった。捜査を担当することになった湾岸署だったが、青島(織田裕二)ら捜査員には情報がまったく開示されない方針が決定。そんな中、第2の殺人が起き、続く第3の事件では真下(ユースケ・サンタマリア)の息子が誘拐されてしまう。

まず、映画と全然、関係無い話なんですけど、キングオブコント2012で、この映画の脚本家である君塚良一さんが、夜ふかしの会さんの紹介VTRでコメントしてたんですけど
「ボケでもツッコミでも無い、全く新しい笑いだと思う」
的な事をおっしゃられてたので、どんな感じなんだろう?と凄く期待して見たら、面白かったですけど別に普通にボケとツッコミのある笑いで、特殊なのは5人組と言う部分で、実に的外れな意見だなーと思いました。いや、他のネタはそういうのもあるのかも知れませんけど、あんな事言われたらハードル上がりませんかね?

と、まずは全く関係の無い話でジャブを打ってみた訳ですが…。

これは酷い!でも3よりもマシ!だから中途半端に駄作!もったいない!もっと酷い作品に仕上げて欲しかった!

という感じで、非常に残念でしたね。

いや、でも好きな部分もありました僕はドラマを観て無いけど、映画の1~3は観てまして、OPのあのテーマ曲は好きで、その曲に合わせて、出演者を一人づつ紹介して行くのは凄い好きなんですよ。で、3ではそれが無くて、がっかりだったんですけど、4は最後だからかそれが用意されてまして、ここはぶっちゃけ、かなりテンション上がりましたよ!しかも、ラストですから、これまでのシリーズの映像も使ってて、青島やら室井が若いな~とか思いながら見れたし、そこは本当に好きですね。

でも、そこがマックスでしたね。

あ、それとエンディングのドラマ時代の映像も良かったです。

後は、もうヘルタースケルター(ひっちゃかめっちゃか)のカオスの世界でした。

以下、ネタバレあり。楽しみにしてる人は読まない方がイイかも知れないです。

まず、冒頭のテンションの上がるOPの前に、一悶着あるんですけど、いきなりこれがもう付いていけないな…と言う感じで。青島(織田裕二)とすみれ(深津絵里)が夫婦になってて、商店街で唐揚げ屋を営んでて、そこに和久君(伊藤淳史)が働いてて、商店街の人気者で商売も大繁盛してるんですけど、僕は最後だし予告で刑事辞めるとか言ってた気がするので、もしかしたら警察を辞めた後の背景を冒頭に持って来てるのか?とちょっとだけ期待したんですけど…

嫌な予感は的中。

そうです。これは行方不明の泥棒の張り込みでした的なオチだった訳です。まず、リアリティが無さ過ぎですよね…。そんな泥棒の為にここまで大がかりな張り込みをするとは子供でも思えないんじゃないですかね?もしかしたら超一級犯罪者だったら、わからなくも無いんですけど、どう考えても小物の犯罪者ですよ?しかも一ヶ月も唐揚げ屋をやってたらしくて。ありえないですよね?でもそれはギャグなんだとか、カレンダーに制作者達の好きな黒澤監督の名前を入れてて気が効いてるとか、オドラー(踊るシリーズが好きな人の呼称。勝手に僕が付けた)にとっては、楽しめるのかも知れませんけど、僕から言わせてもらうとギャグとして何が面白いんだよ?リアリティが無いと全然笑えないんだけど…ってのと、簡単に黒澤監督の名前を使わないで欲しいなと思いますね。

しかも

お客さん達も含めての張り込みだと思ったら、客は刑事だって全く知らなかった様子。まぁまぁそれはバレたらまずいんでわかるんですけど、それはイイとしても、その後、経理科で会計してる時に、経費より売上の方があるらしく
青島「いや~、俺、商売の才能あるのかな~?テヘ」
みたいな事を言うんですけど、公務員って商売してもいいんでしたっけ?副業は認められない筈だと思ったんですが…。

まぁそれは良いにしても、冒頭からこの調子ですから、もうキツイな…と映画館でなった訳です。とりあえず、その冒頭の笑えないコントで、この映画、この後も真面目にやるつもりはありませんから!ってメッセージなのかも知れませんけどね。だとしたら色々と合点が行きますが…。

とりあえず、もっと色々と書こうと思ったんですけど、時間も結構使っちゃったんで、もうこの辺で辞めます。

おやすみなさい。
[PR]

by eigasirouto | 2012-09-29 02:59 | 新作映画(2012)

ホット・ファズ 俺たちスーパーポリスメン!   

「ショーン・オブ・ザ・デッド」が、面白過ぎて、元ネタであるポリス映画を観てから観ようと思ってたエドガー・ライト監督、主演サイモン・ペッグニック・フロスト作品を観ました。

ホット・ファズ 俺たちスーパーポリスメン!
a0250573_020387.jpg

公式サイト
解説:ロンドンのエリート警察官が、左遷された平和な村で邪悪な組織と一騎打ちする爆笑アクション・コメディー。劇場公開を求める署名運動によって、日本での公開が実現した話題作。ゾンビ映画『ショーン・オブ・ザ・デッド』でその名を知られる、エドガー・ライトが監督を務め、サイモン・ペッグ、ニック・フロストが出演者に名を連ねる。パロディー描写と後半のバイオレンス・シーンは、アクション映画ファンのツボをこれでもかと刺激する。
あらすじ:ロンドンのエリート警官ニコラス・エンジェル(サイモン・ペッグ)。優秀すぎるという理由で、田舎の村へと強制左遷。そこでも張り切るエンジェルだが、アクション映画好きで、どんくさいバターマン(ニック・フロスト)と相棒を組まされる。ある日、村で怪死事件が発生するも、殺人事件だと主張するエンジェルは相手にされず……。

最高です!

町山智浩のアメリカ特電
第30回 『ホット・ファズ』は田舎の駐在さん版ダイ・ハード!
第54回『ホット・ファズ』の遠い原点『スーパーコップ』『破壊!』『複数犯罪』そして『フリービーとビーン大乱戦』
にて、町山さんが詳しく色々解説されてて面白いんで、よかったら聴いてみて下さい。
町山さんの話は映画についてだけじゃなく色んな事が勉強になりますよ。

その中で、話してますけど、異常な映画オタクであるクエンティン・タランティーノ監督の映画ウンチクに周りの映画人達は誰も勝てないらしいんですが、唯一エドガー・ライト監督だけは、そこは違うよとかつっこめる人物らしいです。
エドガー・ライト監督は、イギリスの監督ですが、アメリカで仕事する時は、タランティーノの家に住んでるみたいです。どういう関係なんだと疑いますが、とにかくこの監督は、37歳くらいだけど、異常に映画に詳しいとの事です。
今作も「ショーン・オブ・ザ・デッド」同様に、監督とサイモン・ペグが脚本で、膨大な量の映画の元ネタが入ってるみたいですが、僕は、元ネタのポリス映画はあまり観て無かったですけど、知らないなら知らないで、全然面白いんで、今すぐみなさんに観て欲しいです!

ここから、一応どういう映画なのか、ちょっとだけ書きますけど、こんなの読まないで、とにかく観た方がいいと思います。

前半は、コメディタッチで、成績は素晴らしいけど、切り替えが下手で融通の利かないサイモン・ペッグ演じるニコラス・エンジェル警官がロンドンから田舎に飛ばされるけど、全然、事件が起きないし、警察もやる気が無い中で、やっと事件が起きます。ニコラスの深刻な表情、緊張感のあるSEや音楽で、観てる方もドキドキしてくるんですが、その事件が、万引きだったり、逃げ出したアヒルを一生懸命探したりとどうでもいい話なんですよ。
でも、ニコラスは過度な真面目人間なので、全部真剣に取り組んでるという話です。

一方、元々この田舎育ちで署長の息子で警官になったニック・フロスト演じるダニー・バターマンは、「ショーン~」同様に、オタクで今度は、ポリス映画オタで、都会で活躍したニコラスに、「銃撃戦になった事ある?」とか、「二丁拳銃で戦った事ある?」とか、「カーチェイスしながら撃ち合いした?」とか質問攻めをします。真面目なニコラスは、映画も観た事無いので、それに全部真面目に答えて行くという最高のコンビネーションで、物語に引き込まれます。

ただ、後半で、本当に大きな事件がこの街に起こり、最後は銃撃戦になるんですが、バターマンが言ってた質問や、一緒に観た映画と同じシーンがあったりして超盛り上がります!

僕は、バターマンが成長した瞬間マックスで盛り上がって、正直泣きそうになりました。心の中で、「やったー!!」と叫びました!

このシーンを観た瞬間、
a0250573_128564.jpg

「宇宙人ポール」のこのシーンを思い出しましたよ。
a0250573_1282927.jpg


そんな感じの映画なんですけど、レビューとか読んでも、今作を観た人のほとんどが面白いと言ってるし、逆に面白くない人がいたら会って理由を聞いてみたいですよ。

今年の9月からエドガー・ライト監督とサイモン・ペッグのコンビで、「World's End(原題)」の撮影を開始するとの事ですが、こちらも非常に楽しみですね。
「ショーン~」と今作を合わせた作品で“血とアイスクリーム”3部作の最終章との事です。

そう言えば、どっちにも血とアイスクリームが出てました。後、忘れちゃいけないパブも。
[PR]

by eigasirouto | 2012-05-18 01:31 | 旧作(2012年鑑賞)