タグ:ミステリー ( 4 ) タグの人気記事   

ゴーストライター   

昨年、観損ねた作品を観れました。

ゴーストライター
a0250573_2335748.jpg

オフィシャルサイト
解説: 『戦場のピアニスト』などの巨匠ロマン・ポランスキー監督が、ロバート・ハリスの小説を映画化したサスペンス。元イギリス首相のゴーストライターとして雇われた平凡な男が、ある秘密に吸い寄せられていくさまを鮮やかなタッチで描く。主人公を好演するのは『スター・ウォーズ』シリーズのユアン・マクレガー。魅力的な元首相を、『007』シリーズのピアース・ブロスナンが演じ切る。冒頭からラストまで徹底的に練り上げられた物語に引き込まれる。
あらすじ: 元イギリス首相アダム・ラング(ピアース・ブロスナン)の自叙伝執筆を、破格の報酬で引き受けたゴーストライター(ユアン・マクレガー)。その仕事の前任者が事故死したこともあり、彼は気乗りがしないままアメリカ東部の島へと向かう。同じころ、イスラム過激派のテロ容疑者に対する拷問への元首相の関与が取り上げられ……。

「おとなのけんか」ロマン・ポランスキー監督の前作です。

やっぱり評判通り、すごく面白かったです。
すごく面白いけど、ポランスキー監督の映画を評価する映画に詳しい人達は、ポランスキー監督への評価として、名人芸という言葉を使いますが、まだまだ僕の様な映画弱者には、その辺まで理解出来ないです。どなたか、何がどうすごいのか(他と何が違うのか)教えていただけませんでしょうか…。

僕なりに調べた感じだと、語り口が素晴らしいとか、ラストの終わり方とか、ずっと曇りか雨の演出とか、その辺をさすがと言ってる人が多いように思います。
僕も、ややこしい話の筈なのにすごくわかりやすく観れましたし、ラストでスゲーと思いましたし、天気の悪さや音楽で、不穏な空気を演出してるのかなぁ?とか思いましたけど、他の監督の映画に比べて、どうズバ抜けてるのかハッキリとまだ掴めてない状態です。
おそらく、もっともっと映画を観たり、映画の事が書かれた本を読んで勉強するとわかってくるんでしょうね。

基本的に、まずは感性だけで映画を感じて、面白いかどうか?好きかどうか?を判断して、そこから人のレビューとか読んでみたり、監督のインタビューを読んでみたりして、なるほどと思ったり、自分は何もわかってなかった!とか思ったりしてますけど、映画を観れば観るほど、感性も変わって来てると思います。

その他にも、同じ監督の作品を何本か観たり、監督の事を知ったり、役者の事を知ったりすると、またその映画の理解度が変わったりしますね。

と、突然何を言い出すのかと思われるでしょうけど、最近知ったのですが、ロマン・ポランスキー監督の人生は、壮絶極まりないです。良くも悪くも選ばれし者だとは思います。興味のある方は、ちょっと調べてみて下さい。なかなかこんな人生無いですよ…。

とにかく、僕は、ポランスキー監督の作品は、まだ3本しか観て無いんで、どういう特徴があるのか掴みきれてません。ただ、僕的には、3つ共、面白いし好きな作品だったのは間違い無いです。だからポランスキー監督をより理解したいので、これからポランスキー監督の作品もチェック入れなきゃいけませんね。観たい映画、観るべき映画がドンドン増えてますよー!!
[PR]

by eigasirouto | 2012-05-24 03:12 | 旧作(2012年鑑賞)

荒野のストレンジャー   

イーストウッド監督、主演作品をまた鑑賞しました。

荒野のストレンジャー
a0250573_3415268.jpg

解説: イーストウッド監督の第2作目にあたる、自らが主演した異色のミステリアス西部劇。陽炎の中から馬に跨がり現れた謎の男は、いいがかりを付けた男どもを目にも留まらぬ早業で撃ち殺しその町ラーゴに居着く。その頃、以前逮捕した無法者たちが刑期を終え、ラーゴに仕返しにくる事を知っていた町の保安官は、その男の腕前を見込んで用心棒を頼む。その役を引き受けた男は町の男どもに射撃訓練をさせるが、町中を赤いペンキで塗らせたり、野外パーティの準備をさせたりと奇妙な行動も取って行く。そしていよいよ無法者たちが町になだれ込んでくるのだが……。

短めの感想になります。詳しくは、機会があれば。
イーストウッドが若い!

わりと変化球的な西部劇でした。

オチも展開もキャラも、何だか、ちょっと変な映画でしたけど、イーストウッドがかっこいいんで僕は満足ですよ。
この映画のイーストウッドはヤリチンでしたよ。
黒澤明監督の「用心棒」か「椿三十郎」に、似てると思ったんですが、後々、調べようと思います。
イーストウッド監督の新作、もしくは関連の映画がたまった時とかに、気分次第で、詳しい事を書こうとは思ってます。

思ってはいます。


ブログ内関連記事
クリント・イーストウッド

2012/4/13「椿三十郎(森田芳光版)」にて、追記あり。
[PR]

by eigasirouto | 2012-04-12 04:01 | 旧作(2012年鑑賞)

黒く濁る村   

韓国映画観ました。

黒く濁る村
a0250573_14445166.jpg

ヤフー映画情報「黒く濁る村」
あらすじ: ヘグク(パク・ヘイル)は、長い間音信が途絶えていた父(ホ・ジュノ)の死を知り、生前彼が暮らしていた村を訪れる。村長(チョン・ジェヨン)の指揮により葬儀は滞りなく行われるが、村人たちは父親の死因について固く口を閉ざしていた。自分に対する彼らのよそよそしい態度や、父の死に違和感を覚えた彼はしばらく村に残ることにする。

簡単な感想:161分と長いけど、ずっと観てられた。で、実際面白いんだけど、それは真相を引っ張りまくるからじゃね?とは思う。ただ、細かい演出などでも面白いなと思える部分もあり。

詳しい追記感想を予定しています。
[PR]

by eigasirouto | 2012-01-31 14:50 | 旧作(2012年鑑賞)

瞳の奥の秘密   

映画募集のコーナー(詳しくは→こちら)に寄せられたコメントから抜粋して、DVDで旧作鑑賞しました!
寄せられたコメントは↓です!
ルーパスさんこんにちわ!
「ローラーガールズ・ダイアリー」に続き「300<スリーハンドレット>」も紹介してくれてありがとう。当たり前の事ばかり書いてたね。
じゃあ、今度はスペインとアルゼンチンの合作「瞳の奥の秘密」の感想よろしく。多分、読まないけど。
PS・やはり読めは浮気していました。詳しい話をしたいので、今度、飲みに行きませんか?ルーパスさんのおごりで。
杉並区在住、中谷幹夫(仮名)56歳
色々、言いたい事はありますが、そろそろ怒りますよ?中谷さん。という事で・・・

瞳の奥の秘密

a0250573_5197100.jpg

ホームページ
あらすじ: 刑事裁判所で働いていたベンハミン(リカルド・ダリン)は、定年を迎え、25年前に起きた忘れ難い事件をテーマに小説を書くことにする。それは1974年、新婚生活を満喫していた女性が自宅で殺害された事件で、担当することになったベンハミンが捜査を始めてまもなく、テラスを修理していた二人の職人が逮捕され……。
僕にとって、初のスペイン映画であり、アルゼンチン映画です。舞台はアルゼンチンなんですが、僕は、この前の「哀しき獣」の中国延辺朝鮮族自治州の事を知らなかった件でも、わかる通り地理に弱い男です。なので僕が知ってるアルゼンチン情報は、チェ・ゲバラの出身地とマラドーナくらいで、歴史や文化を全然わかって状態で観たんですが、前半は正直眠くなったけど、中盤以降グイグイ引っ張られて、素晴らしい映画じゃないか!と発狂しそうになりましたよ。

とは言え、少しはアルゼンチンの事を知ってた方がいいかも知れませんね。僕が無知なだけかも知れないけど、公用語はスペイン語だよとか、1974年と2000年は情勢が変わった事くらいは知ってた方が、より話を飲み込めそうですよ。そんなのわからなくても良さそうですけど、レビューとか読んでて、主人公ベンハミン(リカルド・ダリン)は何で今さら事件を・・・とか言ってる人いたけど、それは時代が変わったからなんですけどね。ヤフーの映画レポートに
74年のアルゼンチンでは軍事独裁政権が猛威を振るっていた。
って書いてありますけどね。これくらいは僕でも後で知った情報としても、大体察する事は出来ますけどね。まぁ変にそういうノイズが入るなら知っといた方がいいレベルの話です。

それで監督のファン・ホゼ・カンパネッラさんも、僕は始めて知ったし、ググっても情報が、あまり出てこないので、ちょっとわからないですね。ただ、今知ってる情報は、アルゼンチンの監督で、日本未公開の「ラブ・ウォーク・イン」というのを監督・脚本してて、「Dr.HOUSE ―ドクター・ハウス―」と言うテレビドラマの監督をやってる中堅の人みたいですね。しかし、カンパネッラなんて口に出して、ちゃんと言える自信無いですよ。僕は。

続きは、また。

追記は→こちら
[PR]

by eigasirouto | 2012-01-30 06:03 | 旧作(2012年鑑賞)