タグ:中国/香港 ( 1 ) タグの人気記事   

孫文の義士団   

10/9、DVDにて鑑賞。

孫文の義士団
a0250573_2249483.jpg

公式サイト
解説: 1906年、辛亥革命前夜の香港を舞台に、中心人物である孫文の暗殺計画を阻止するための、8人のボディーガードたちの戦いを描く歴史アクション巨編。『the EYE』シリーズのプロデューサー、ピーター・チャンと『アクシデンタル・スパイ』のテディ・チャン監督がタッグを組み、辛亥革命の舞台裏で起こった激動の物語を壮大なスケールで活写。ドニー・イェン、ニコラス・ツェーら実力派の共演、信念のために戦う男たちの覚悟が感動を呼ぶ。
あらすじ: 1906年、辛亥革命前夜の香港、腐敗した清朝の打倒を目指す孫文が香港を訪れ、武装蜂起の密談に臨む情報を入手した活動家の陳少白は、同時に清朝政府が刺客を派遣したことも知る。少白は孫文を守るために護衛団の結成に奔走するが、集まったのは町の商人や物ごいに身を落とした武術家など、名もない民間人たちだった。

僕は割と歴史が好きなのですが、この辺の中国の歴史には全く明るくないので、最初に孫文と言われても、三国志より前の時代の人かな?くらいに思ってたバカです。孫子かなんかと勘違いしてました。まぁ特にそういう歴史を知らなくても楽しめる作品なので問題無いのですが。

香港アクション界のスーパースターで「イップ・マン」シリーズでお馴染みのドニー・イェンが、まさかのダメ男役で驚きなのですが、しかしいざカンフーシーンになるとやっぱり強い!と言う感じでテンション上がりました!

劇団員の娘、大男、浮浪者…と義士団は超個性的なメンバーで、彼らの戦いを観てるだけでも楽しかったです。ちなみにドニー・イェンの役は、影で支えるサポートメンバーという感じでした。

先に述べましたが、その辺の歴史に全く詳しくないので、歴史考証などは全く出来ませんが、まぁ歴史を元にしたフィクションって感じでしょうね。

このブログでは初の香港映画ですが、これからもっと鑑賞して行きたいですね!
[PR]

by eigasirouto | 2012-10-19 23:15 | 旧作(2012年鑑賞)