タグ:政治 ( 4 ) タグの人気記事   

ディクテーター 身元不明でニューヨーク   

10/1、新宿武蔵野館にて鑑賞。

ディクテーター 身元不明でニューヨーク
a0250573_1621630.jpg

公式サイト
解説: 『ブルーノ』などのお騒がせ男サシャ・バロン・コーエンが、世界一危険な独裁者を熱演する痛快爆笑ムービー。それまで欲望のままに生きてきた暴君が、ひょんなことからニューヨークに渡り、生まれて初めて庶民の世界を垣間見る様子をブラックな笑いと共に描き出す。将軍の右腕を、『ガンジー』などの名優ベン・キングズレーが好演。観る者を爆笑の渦に巻き込みつつ、時代背景を反映した痛烈な社会批判も込めた力作に脱帽する。
あらすじ: アラジーン将軍(サシャ・バロン・コーエン)は、幼いころから北アフリカにあるワディヤ共和国の独裁者として君臨していた。彼は気に入らない相手を即刻処刑したり、核ミサイルの開発に手を出したりとやりたい放題だったが、ある日、核ミサイルの件で国連から釈明を求められてしまう。そこで将軍は意気揚々とニューヨークに旅立つが、陰謀により捕らえられ、立派な口ひげをそられてしまい……。

さすがですね。当然、好きな人ばかり観に来てるんだろうから、それはそうかもしれませんが、冒頭の〝敬愛なるキム・ジョンイルに捧ぐ〟というメッセージから館内笑いの絶えない105分でしたね。僕もずっと笑ってました。

表面上は、くだらないギャグや下ネタ、差別ネタ、処刑ギャグ、など良識ぶった人達に嫌いそうな笑いなんですが、ただ、一枚皮を剥ぐとサシャ・バロン・コーエンの頭の良さ、したたかな計算と風刺の効いた表現に、恐ろしさを感じます。

「アリ・G」(未鑑賞)、「ボラット 栄光ナル国家カザフスタンのためのアメリカ文化学習」、「ブルーノ」とアメリカを中心にモキュメンタリースタイルで世界をからかいまくったサシャ・バロン・コーエンの新作です。前3作のモキュメンタリーはわかりやすく言うと「電波少年」的な事をもっと過激に、そしてスタジオでのつっこみも無く、ディレクターからやらされてる訳じゃなく、警察を呼ばれたり、殺されかける所までやると言う、恐るべき芸人根性で世界を笑わせました。普通に、いつ殺されてもおかしく無さそうですが、かと思えば、「ヒューゴの不思議な発明」で、素晴らしい泣かせる役をやったりもしているサシャ・バロン・コーエン。で、前3作との大きな相違点は、今回はモキュメンタリーでは無く、劇映画と言う点です。だから惜しいと言えば惜しいのかも知れませんが、逆にこういう政治ネタ系が嫌いな日本の観客にとっては、逆に安心して笑えるかも知れないとは思います。僕もテレビのバラエティにケチつけるPTAとかに普段うるさいなぁと思ってるけど、「ボラット~」「ブルーノ」は基本ゲラゲラ笑ってますが、時々、やり過ぎて相手がかわいそうに思ったりしてますから、今回のは普通に作り物だから気にせず笑えましたね。まぁそういうケチをつけるPTA的な感覚の人は、これでも大激怒しそうですけどね。

独裁者を題材にしたコメディと言えば、ほぼ同時期に鑑賞した「アイアン・スカイ」の中に何度も登場した、チャップリンの「独裁者」が一番に思い付くと思うのですが、チャップリンの方は、非常に皮肉の効いた風刺のコメディだと思うのですが、今作は、狂ったギャグの中に風刺が入ってる感じと言いますか、くだらないギャグ>風刺と言う感じでしょうか。だから風刺を求めて劇場に行くと面喰うかも知れませんが…。

それとコメディじゃないですけど最近鑑賞した「デビルズ・ダブル -ある影武者の物語-」も、ちょっと連想したりしましたね。独裁者にはやっぱり影武者がいるよね。とか思ったり、やりたい放題やってる所とか。サシャ演じるアラジーンと言う独裁者も、コメディタッチで描いてるけど、トチ狂ってて極悪非道ですからね。見せ方で観客は笑っちゃいますけど。アラジーンは何かと言えば、処刑ですからね。核兵器の先っぽが尖ってるか尖って無いかで口論になっただけで、その科学者を処刑にしたり。で、覚えて無いと言う。リアルだったらたまりませんよ。

とにかく、北アフリカのワディヤ共和国と言う架空の国の独裁者として、やりたい放題のアラジーン。国の200の言葉をアラジーンに変えたせいで、YESもNOもアラジーンと言う独裁っぷり。(ジョージ・オーウェルの「1984年」と言う小説のパロディみたいです。)医者に「今日はアラジーンな話とアラジーンな話があるけど、どっちから聞きたいか?」と言われ、患者が「じゃあアラジーンな話で」と答える様なちょっと気の利いた知的なギャグの後に、ただのくだらないギャグが入ったり、すぐに処刑したり、核兵器を開発しようとしてたり、デリヘル嬢みたいな感じで、ミーガン・フォックス(本人役)とヤッて「泊って行きなよ~」「明日は、イタリア大統領の相手だから無理」とか言わせて、一緒に写真を撮って、それを壁に貼ったら、そこには大量のベットを共にしたハリウッドスター達の写真が飾られてて、独裁者っぷりを権力者っぷりをコミカルに見せて行きます。

そんな感じでやりたい放題やってたけど、核兵器の所有が国連で問題になってニューヨークで演説をする流れになるのですが、そこで裏切りに合い、象徴である髭を剃られて、ニューヨークの街に放り出されます。その間、アホな影武者が言われるがままに、ワディヤ共和国を民主主義国家にすると演説してしまって、アラジーンからすれば、大変だとして何とか独裁者に返り咲こうという話です。

街頭テレビでリベラルな人達が、偽アラジーンの演説を抗議活動をしながら見守ってるのですが、そこに本物だけど髭の無いアラジーンが来て、一緒にテレビを観てるのですが、偽物に対して、本物が「あいつは本物の権力者じゃない!」と言い放つのですが、リベラルな活動家達が〝ふさわしくない〟の意味に捉えて、一緒に「あいつは本物の権力者じゃない!」と連呼する所とかも結構好きでしたね。そこで知り合ったリベラルな女と仲良くなって、そいつが店長を務めるスーパーで働く事になって…と言う流れなのですが、全部書いてしまうと意味無いので、この辺で。

とても笑える作品でした!
[PR]

by eigasirouto | 2012-10-16 17:57 | 新作映画(2012)

ミルク   

「J・エドガー」補強映画第3弾…。とは言え、「パブリック・エネミーズ」「ニクソン」と違い、直接フーバー長官が出てくる訳じゃなく、脚本家が同じダスティン・ランス・ブラックさんと言う観点です。

ミルク
a0250573_1143292.jpg

紹介サイト
解説: 1970年代のアメリカで、同性愛者であることを公表して公職に就いたアメリカ初の政治家ハーヴェイ・ミルクの生き様を描く伝記ドラマ。監督は『エレファント』のガス・ヴァン・サント。個人の権利を守るために戦い、凶弾に倒れたミルクをオスカー俳優ショーン・ペンが演じている。同役ですでに多数の映画賞を制覇しているショーンの熱演と、今なお尊敬の念を集めるミルクの愛すべき人柄をフィルムに焼き付けたガス・ヴァン・サントの手腕を堪能したい。
あらすじ: 1972年のニューヨーク。金融や保険業界で働いていたミルク(ショーン・ペン)は、20歳年下のスコット(ジェームズ・フランコ)と出会い、恋に落ちる。二人は新天地を求めてサンフランシスコに移り住み、小さなカメラ店を開店。そこはたちまち同性愛者やヒッピーたちのよりどころとなり、ミルクは彼らを快く思わない保守派に対抗した新しい商工会を結成することになる。

この映画は同性愛者に対しての考え方によって、感じ方は変わって来ると思うのですが、まず大前提として、自由の国とか言いながらアメリカは現在でも、キリスト教原理主義者などにより、ゲイは非常に差別されていて(マジで命を狙われかねない場合もあるとの事)、特にこの物語の1970年代なんて、もっと酷い状況なのは、想像に難くない訳で、映画内に登場する〝提案6号〟(ゲイの教師をクビにする法案)とかを真剣に作ろうとする国だと知っておいた方が、良いのかと思います。

今日、鑑賞した「ヤング≒アダルト」もゲイと思われてた事によって、酷い体にされ人生を変えられた人物が登場しますが、それはまた次の記事で、触れれたら触れましょう。

そんな時代に政治家になり〝ゲイに公民権を!〟と訴えた人物が、本作の主人公、ハーヴェイ・ミルクさんです。と言うか誰かが政治に打って出ないとゲイにとっては、ヤバイ状況でもあったのですがね。何度も何度も選挙で負けるけど、何度も何度も立ち上がり、恋人に逃げられても、〝夢〟の為に立ち向かった男の話です。

ゲイは、性的マイノリティですが、昨日書いた「カッコーの巣の上で」は、精神病患者というマイノリティでした。アメリカにおいては、女性、黒人、アジア人、インディアン、共産主義者なども含めて、社会的マイノリティという点では、同じだと思うのですが、僕は、マイノリティ側が体制側に立ち向かう話が好きです。

「カッコーの巣の上で」は、マクマーフィが病院のルールに疑問を呈し、周りを巻き込んで強引にぶち壊そうとしましたが、ミルクは、政治と言う手段で周りを巻き込んで、アメリカに大きなうねりを起こします。どちらも自分を犠牲にして、仲間達の為に戦う話でした。続けて鑑賞したので、アプローチは全然違いますが、根底にあるテーマ自体は僕は同じなんじゃないかなと思いましたね。

レビューとか読んでると〝男と男のキスが気持ち悪い〟とか、書いてる人がいましたが、それって例えば〝日本人同士がキスしてるのが気持ち悪い〟と欧米の人達が言ってるのと根本的に同じ事だと思うんですよ。この映画は、そういう恋愛的要素も大事だからキスシーンがあっても別にいいじゃないですか。そこに過剰に反応しても、しゃあないですよ。

しかし、ミルクを演じた、ショーン・ペンはさすがですね。仕草がもうゲイそのものですよ。

ここまで、読むと〝なんか説教臭い映画なのかな?〟と思われるかもしれませんが、前半は恋愛中心で、後半からは選挙活動や政治の裏側なんかも描いてくれてて、実話とは言え最後の展開は、ショックですし、でも、その輪が広がって…という風に、ちゃんとエンターテイメントとしても、楽しめる作品に昇華されてると思いましたね。ミルクさんも決して、ただの聖人君子としては描かれてないと思います。政治的駆け引きもするし、恋人との約束破るし、そこも好感が持てました。

ブログ内関連作品
「J・エドガー」
「カッコーの巣の上で」
「エレファント・マン」 (差別をテーマにしてるという事で)

文章内に出て来たブログ内の作品
「パブリック・エネミーズ」
「ニクソン」
[PR]

by eigasirouto | 2012-03-02 02:10 | 旧作(2012年鑑賞)

ニクソン   

「J・エドガー」補強映画第二弾で、さらに「ウォッチメン」にも登場する人物の映画…

ニクソン
a0250573_222783.jpg

ヤフー映画「ニクソン」
解説:  O・ストーンが「JFK」に続いて撮った政界ドラマ。アメリカ合衆国第37代大統領リチャード・M・ニクソンの激動と波乱に満ちた半生を、1972年に起きたウォーターゲート事件を発端に、様々な証言、記録をもとに描く。ケネディ大統領暗殺及びロバート・ケネディ射殺事件の黒幕がニクソンだったという説や、妻のセルマ・キャサリン・パトリシアとの不仲説など、歴史上の事実、解釈、憶測を織り混ぜながら、映画はニクソンという人間の光と影を浮き彫りにしてゆく。

「パブリック・エネミーズ」に続き、この映画にもフーバー長官登場。しかも「J・エドガー」より露骨なゲイ描写あり。やはり映画、歴史を知ってれば、「J・エドガー」はもっと見応えあったんだろうなと思う。映画を観終わり
ニクソン大統領
ウォーターゲート事件
ケネディ
キューバ危機
などパソコンなどで多少勉強。
米大統領の中でも一番国民に嫌われてるとの事。色々調べた感じだとケネディとの比較、うさんくさい事をいっぱいやってる事や、ベトナム戦争を勝利で終われなかった事などが絡まって嫌われたのかなぁ。で、米大統領史上初の途中で辞任に追い込まれるという…。
ただ、実績はあって毛沢東に会って中国と国交を開いたり、ソ連と対話して冷戦をやや緩和したり、ケネディ政権が始めたベトナム戦争を勝利はならずとも終わらせた…との事です。
見方によっては、ケネディは人気だけだけど、ニクソンは人気は底だけど実績はある…ってな感じで、言ってる人もいます。この辺は詳しく勉強しないと僕には、判断しかねますが。
で、この映画は、ニクソンをあくまで完全な悪者としては描いてないと思います。

監督のオリバー・ストーン監督は、ベトナム戦争にこだわった映画が多いのと政治的な映画が多いみたいなので、「JFK」も観てみて、ケネディとニクソンをどう捉えてるのか対比で観てみたいなと思いました。

まぁあくまで善悪はっきり描かずにグレイに描いていると思います。だからこういう人物をどう思いますか?って投げかけだと思うので、僕らがどう思うかが大事なんだと思います。僕はなんだか可哀そうな人だなぁと思いました。ラストの演説はジーンと来ましたよ。なんだかんだ。後、色々調べてみると「フロスト×ニクソン」ってのも面白そうなので、今度観てみたいと思います。
ただ、195分は長いよ…

ブログ内関連映画
「J・エドガー」
「ウォッチメン」
一応、どちらもフーバー長官が出てるという事で
「パブリック・エネミーズ」
[PR]

by eigasirouto | 2012-02-20 02:32 | 旧作(2012年鑑賞)

J・エドガー   

クリント・イーストウッド監督(→こちら)作、ディカプリオ主演の映画をバルト9で鑑賞して来ましたよ。

J・エドガー
a0250573_14285027.jpg

ホームページ
あらすじ: 1924年にFBI初代長官に任命されたジョン・エドガー・フーバー(レオナルド・ディカプリオ)は、歴代の大統領に仕え、数々の戦争をくぐり抜け、半世紀にわたって法の番人としてアメリカをコントロールしてきた。しかし、フーバーには絶対に人に知られてはならない秘密があった……。

簡単な感想:クリント・イーストウッドらしく淡々としているし、万人が面白い映画とは思わない。けど個人的には、そこが好きだし色々勉強になったし、深読みも出来て好き。J・エドガー・フーバーという人間の事、FBIの事、アメリカの近代史、現代史は少し知ってた方がいいと思う。

詳しい追記感想を予定しています。

2012/2/2追記を書きました→こちら
更に数時間後に追記2を書きました→こちら
2012/2/5追記3を書きました→こちら
[PR]

by eigasirouto | 2012-01-31 00:00 | 新作映画(2012)