タグ:歴史 ( 4 ) タグの人気記事   

のぼうの城   

12/3、新宿ピカデリーにて鑑賞

のぼうの城
a0250573_2349174.jpg

解説: 戦国末期、豊臣秀吉、石田三成勢の2万人の大軍に屈せず、たった500名の兵で抗戦、勝利した実在の武将・成田長親の姿を描く時代劇。『ゼロの焦点』の犬童一心と『隠し砦の三悪人 THE LAST PRINCESS』の樋口真嗣が異色のダブル監督に挑み、第29回城戸賞を受賞した和田竜のオリジナル脚本を映像化。“のぼう様”と呼ばれたヒロイックな主人公を野村萬斎が熱演するほか、佐藤浩市、山口智充、成宮寛貴らが城を守る侍大将を演じる。底知れぬ人気で人心を掌握した主人公の魅力や、豊臣・石田軍による水攻めシーンなど、見どころ満載の歴史大作だ。
あらすじ: 天下統一を目指す豊臣秀吉は関東の雄・北条家に大軍を投じるも、その中には最後まで落ちなかった武州・忍城(おしじょう)と呼ばれる支城があった。その城には領民からでくのぼうをやゆした“のぼう様”と呼ばれ、誰も及ばぬ人気で人心を掌握する成田長親(野村萬斎)という城代がいた。秀吉は20,000の軍勢で攻撃を開始するが、将に求められる智も仁も勇もない、文字通りのでくのぼうのような男の長親は、その40分の1の軍勢で迎え討とうとする。

監督 犬童一心
樋口真嗣
脚本 和田竜
原作 和田竜
製作 久保田修
製作総指揮 信国一朗
濱名一哉
豊島雅郎
ナレーター 安住紳一郎
出演者 野村萬斎
榮倉奈々
成宮寛貴
山口智充
上地雄輔
山田孝之
平岳大
市村正親
鈴木保奈美
佐藤浩市
音楽 上野耕路
主題歌 エレファントカシマシ
「ズレてる方がいい」
製作会社 『のぼうの城』フィルムパートナーズ
C&Iエンタテインメント
アスミック・エース
配給 東宝
アスミック・エース
公開 2012年11月2日
上映時間 145分
製作国 日本
言語 日本語
[PR]

by eigasirouto | 2012-12-31 14:52 | 新作映画(2012)

孫文の義士団   

10/9、DVDにて鑑賞。

孫文の義士団
a0250573_2249483.jpg

公式サイト
解説: 1906年、辛亥革命前夜の香港を舞台に、中心人物である孫文の暗殺計画を阻止するための、8人のボディーガードたちの戦いを描く歴史アクション巨編。『the EYE』シリーズのプロデューサー、ピーター・チャンと『アクシデンタル・スパイ』のテディ・チャン監督がタッグを組み、辛亥革命の舞台裏で起こった激動の物語を壮大なスケールで活写。ドニー・イェン、ニコラス・ツェーら実力派の共演、信念のために戦う男たちの覚悟が感動を呼ぶ。
あらすじ: 1906年、辛亥革命前夜の香港、腐敗した清朝の打倒を目指す孫文が香港を訪れ、武装蜂起の密談に臨む情報を入手した活動家の陳少白は、同時に清朝政府が刺客を派遣したことも知る。少白は孫文を守るために護衛団の結成に奔走するが、集まったのは町の商人や物ごいに身を落とした武術家など、名もない民間人たちだった。

僕は割と歴史が好きなのですが、この辺の中国の歴史には全く明るくないので、最初に孫文と言われても、三国志より前の時代の人かな?くらいに思ってたバカです。孫子かなんかと勘違いしてました。まぁ特にそういう歴史を知らなくても楽しめる作品なので問題無いのですが。

香港アクション界のスーパースターで「イップ・マン」シリーズでお馴染みのドニー・イェンが、まさかのダメ男役で驚きなのですが、しかしいざカンフーシーンになるとやっぱり強い!と言う感じでテンション上がりました!

劇団員の娘、大男、浮浪者…と義士団は超個性的なメンバーで、彼らの戦いを観てるだけでも楽しかったです。ちなみにドニー・イェンの役は、影で支えるサポートメンバーという感じでした。

先に述べましたが、その辺の歴史に全く詳しくないので、歴史考証などは全く出来ませんが、まぁ歴史を元にしたフィクションって感じでしょうね。

このブログでは初の香港映画ですが、これからもっと鑑賞して行きたいですね!
[PR]

by eigasirouto | 2012-10-19 23:15 | 旧作(2012年鑑賞)

プライベート・ライアン   

2/25のタマフルの1コーナー、サタデーナイトラボで放送された「宇多丸よ!そして日本人よ!銃を語らずにしてなにが男ぞ!!TBSアナウンサー安東弘樹プレゼンツ"シネマの中の銃"ハスラー!!」にて、安東アナが選ぶ銃映画1位として語られていたので、鑑賞しました。

プライベート・ライアン
a0250573_22235351.jpg

映画.com「プライベート・ライアン」
解説:1944年6月。ノルマンディ上陸作戦は成功に終わったものの、激戦に次ぐ激戦は多くの死傷者を出していた。そんな中、オマハビーチでの攻防を生き延びたミラー大尉に、落下傘兵ライアン二等兵を戦場から救出せよという命令が下された。彼には3人の兄がいたが、全員が死亡。兄弟全てを戦死させる訳に行かないと考えた軍上層部の決定であった。ミラーは中隊から7人の兵士を選び出し、生死も定かでないライアン二等兵を探すために戦場へと出発するのだが……。
「宇多丸よ!そして日本人よ!銃を語らずにしてなにが男ぞ!!TBSアナウンサー安東弘樹プレゼンツ"シネマの中の銃"ハスラー!!」前編
「宇多丸よ!そして日本人よ!銃を語らずにしてなにが男ぞ!!TBSアナウンサー安東弘樹プレゼンツ"シネマの中の銃"ハスラー!!」後編

久々のスピルバーグ監督作品です。
ライアンのプライベート?って意味わからなかったので、調べた所によると原題の意味は「ライアン一等兵の救出」という至極まっとうなタイトルだったみたいですね。ライアンは一等兵なのに、日本版はなぜか二等兵に格下げされてますが…。

結構な人が、すでに鑑賞済でしょうが、一応いろいろ書きます。

この作品は、絶対に映画館で観た方が、面白かっただろうなと思います。音的にも絵的にも…。
それくらい迫力ある戦闘シーンがしょっぱなからあります。僕は、あんまり戦争映画を観てないんで、全然わからないですが、こんなリアルな戦争映画は、これまで無かったらしいですね。
安東アナ曰く「実際に、ノルマンディ上陸作戦に参加してた元兵隊達が、いつもの戦争ごっこ映画だと思ったらまさに自分達が経験した戦争そのもので、匂いまでして来て、終わった後、席を立てなかった」との事。
Wikiによると冒頭の戦闘シーンは〝映画史に残る20分〟として、知られてるみたいですね。
確かに、迫力はハンパ無いです!でも、だからこそ映画館で観たかったんですよねぇ…。悔しいですね。
なぜそんなに後悔するかと言うと、やはり、迫力あってこそのこの映画だと思ったんですよね。ブルーレイでも十分に迫力あるけど、所詮、家のテレビですからね。映画館とは雲泥の差なのは明らかで。

と言うのも、素敵なお話だと言うのは異論無いですけど、ストーリーはベタと言えばベタだと思うんで、それで170分だったんで、長いなぁと思ってしまって…。でも実際、これはなかなか見つからないライアンや、終わらない戦争を観客が体験する上で、必要な時間なんじゃないかと思うんですよ。やっぱり映画館で、こうイライラさせられたかったなぁと思いますよ。この映画ストーリーで勝負しようって作品じゃないと思うんで。

ちなみに、この年のアカデミー賞は「恋におちたシェイクスピア」ですが、米エンターテインメント・ウィークリー誌が、過大評価されてる受賞作に挙げてて、98年は、今作が受賞すべきで、50年後も語り継がれるのは、今作だとニュースに出てましたね。

米誌「過大評価されているアカデミー賞受賞作18本」を発表
↑この記事、興味深いですよ。
映画にしろ音楽にしろ、数十年経ってみて、本当のその作品の価値が始めてわかったりするから面白いですね。

ちなみに、wikiに
約3時間にも及ぶ長編映画にもかかわらず、わずか60日間という凄まじい早撮りで作品を完成させた
撮影に入る前、トム・ハンクスをはじめとした出演者たちは、リアルな演技をするために元海兵隊大尉のデイル・ダイの協力の下、ブートキャンプ同等の訓練を10日間受けさせられた。その間は教官がいきなり俳優達に向かって発砲(空砲)したり、当時の兵士達が持ち歩いていた道具と装備を全て背負わせて延々と行軍させたりと内容的にとても厳しいものであった。ライアン一等兵役のマット・デイモンはこの新兵訓練の参加メンバーから意図的に外された。これは10日間の過酷な訓練を通じて救出隊のメンバーにマット・デイモン=ライアン一等兵に対する反感を植えつけるためであった。俳優らは2週間にも及ぶ戦闘場面の撮影に酷使され、疲労の色も濃く、撮影当初の和んだ気分も消えて荒んでいた上に、現場の進行を知らない新進気鋭のデイモンが新兵よろしく撮影途中に現場到着した時には、当初の意図通り剣呑な雰囲気となり、それらとの相乗効果でリアルで緊迫した演技へと集約され、作品テーマの一部に組み込まれる。
とありますが、この辺の情報も面白いです。「ドラゴン・タトゥーの女」追記で書いた、スピルバーグ監督は、大体1~2テイクしか撮らないと言ってた話の裏付けになりますね。本当に仲を悪くさせる演出も面白いですね。それでいて効率的ですね。

ブログ内関連記事
スティーブン・スピルバーグ
「E.T.」
「未知との遭遇」

ドラゴン・タトゥーの女追記

2012/4/16に「ドライヴ追記」にて、強引な野球繋がりで、ちょこっとだけ今作の追記をしています。→こちら
[PR]

by eigasirouto | 2012-03-06 23:02 | 旧作(2012年鑑賞)

300 <スリーハンドレッド>   

「ヒミズ」の感想は、長くなりそうなので、後回しにして、先に他の観た映画の感想を書いていこうと思います。

映画募集のコーナー(詳しくは→こちら)に寄せられたコメントから抜粋して、DVDで旧作鑑賞しました!
寄せられたコメントは↓です!
ルーパスさんこんにちわ!
前回、「ローラーガールズ・ダイアリー」を紹介してくれてありがとうございます。
私も流し読みしましたよ。
そこで、是非もう一本おススメしたいのが、ザック・スナイダー監督の「300<スリーハンドレット>」です。よろしく!ちなみに、私はこの映画を観て、かつて部長に唾を吐きかけた事があります。
PS・そう言えば、前回、嫁の事を心配してくれてましたが、確かに最近、嫁が浮気をしてる気がしてます・・・。
杉並区在住、中谷幹夫(仮名)56歳
中谷さん!またまた紹介してくれて、ありがとうございます。「ローラーガールズ・ダイアリー」の記事は、流し読みだったんですね・・・。というか、部長に唾を吐きかけた??中谷さん、悪い事言わないんで、映画観るの辞めた方がいいんじゃないですか?しかも、嫁が・・・。そろそろ中谷さんとの自作自演の茶番は置いといて、今回観た旧作は・・・

300<スリーハンドレット>
a0250573_251277.jpg

ホームページ
あらすじ: 紀元前480年、スパルタ王レオニダス(ジェラルド・バトラー)は、ペルシアの大王クセルクセス(ロドリゴ・サントロ)から服従の証を立てるよう迫られる。そこで、レオニダス王が取った選択肢は一つ。ペルシアからの使者を葬り去り、わずか300人の精鋭たちとともにパルシアの大群に立ち向かうことだった。 シネマトゥデイ(こちら)より抜粋

漢の映画ですねぇ。スパルタ人から生き様、死に様を往復ビンタで教えて戴いた気分ですよ。

まず、監督のザック・スナイダーの話から入ります。
フィルモグラフィー
・ドーン・オブ・ザ・デッド Dawn of the Dead (2004) 監督
・300 〈スリーハンドレッド〉 300 (2007) 監督・脚本
・ウォッチメン Watchmen (2009) 監督
・ガフールの伝説 Legend of the Guardians: The Owls of Ga'Hoole (2010) 監督
・エンジェル ウォーズ Sucker Punch (2011) 監督・製作・原案・脚本
僕としては、この中で、「ウォッチメン」「エンジェル・ウォーズ」は、鑑賞済。という状態です。

どちらもノートを付け出して、鑑賞してるんで、当時の感想が残ってるんで、軽く紹介しておきます。
「ウォッチメン」は、2010/3/24、DVDにて鑑賞。オープニング(ボブ・ディランの曲も含めて)がかっこよかった。話が複雑で飲み込み辛い作品だった。スローになってからの素早いカットの格闘シーン。ラストで独特のCG。なんて、33歳の僕は書いてますよ。
「エンジェル・ウォーズ」は、2011/4/22、映画館で鑑賞。グチャグチャの話過ぎて、付いていけなかった。話が重い。5人のバランスは好き。戦い自体はかっこいい。とか何とか34歳の僕は書いてますよ。
どうやら、年一で、ザック・スナイダー作品を観てる事になりますが、今年は、ザック・スナイダーを世界的に有名にした「300<スリーハンドレット>」という事になりましたね。

この監督の特徴は、やはり独特のCG表現だと思います。ウォッチメンは、あまり覚えてないですが、「エンジェル・ウォーズ」も「300<スリーハンドレット>」も、ほぼCGですよ。僕は、美しいCGと思いますね。それと何と言っても、戦闘シーンでしょう。「300<スリーハンドレット>」の戦闘シーンは、スローで見せてから素早いカット!この手法が、今や、この監督の代名詞になってるみたいですね。(漫画を読んでる感じを忠実に再現した結果みたいですよ。)
それで、今、アメコミを映画化するにあたって、第一人者と言えば、ザック・スナイダーとなってるとの事です。

ちなみに、戦闘シーンの情報は、タマフルのシネマハスラー(ホームページ)で宇多丸さんが言ってた事なので、ホームページのシネマハスラーのコーナーから「ウォッチメン」「エンジェル・ウォーズ」の回をポッドキャストで、聞いてみて下さい。

ここから映画の話に、入ろうと思ったのですが、例によって眠くなって来たんで、また書きます。おやすみなさい。

追記書きました→こちら
[PR]

by eigasirouto | 2012-01-23 04:58 | 旧作(2012年鑑賞)