人気ブログランキング |

2012年上半期新作ランキング前編   

とりあえず、上半期に鑑賞した新作映画で、僕が鑑賞した作品を確認しておいていただけると幸いです。
最初に言っておきたいのは、とりあえず今の感想なので、年末に総合ランキング出す時に考えが変わる可能性も、もしかしたらあります。が、今はこういう感じという事です。
それと今年は結構好きな映画が多かったので40本中24位くらいまでは、普通にベスト10に入れても良かったくらい好きな部類に入ります。相対的なものなんで半分以下だからって悪い映画では無いです。そして一番大事なのは、僕の勝手な好みの話です。おススメ順でもなんでもありません。

という事で、この記事では21位~40位(最下位)を発表して行きます!

普通に好きな作品ゾーン

21位ミッドナイト・イン・パリ
ウディ・アレン監督作品は、このブログでも結構取り上げましたからね。好きですよ。ただ、もっと好きだと思えたり楽しめた作品が上にあるってだけの話ですよ。後は、こちらの芸術家リテラシーの問題でもあります。

22位僕達急行 A列車で行こう
変な映画でしたけど、松山ケンイチと瑛太が好きになりましたよ。森田芳光監督のご冥福をお祈りします。まぁでも大体真ん中くらいに来る作品だと思うのですが、どうでしょうか?

23位ヘルプ 〜心がつなぐストーリー〜
とても素晴らしい映画だと思いますし、笑って泣けました。ただ、僕的にはパンチに欠ける感じがしなくも無いです。でもあの散々振っておいてのあのギャグも大好きだしエマ・ストーン好きです。

24位ピープルVSジョージ・ルーカス
これもすごく楽しかったんです。もっともっと「スター・ウォーズ」シリーズに興味があったら間違い無くベスト10入りしてたと思います。僕の問題です。

どちらかと言うと好きな作品ゾーン

25位この空の花 長岡花火物語
こんな映画は本当に観た事無かったです。「僕達急行~」よりもデタラメで70歳過ぎてこんな実験的な事をする大林宣彦監督に脱帽です。ただ、ちょっと長かった…

26位戦火の馬
スピルバーグ監督の最新作でしたね。非常に素敵な映画なのは間違いないです!間違い無く感動してますが、期待を超え無かったというかなんというか…。僕が悪いんだと思いますよ。

27位アーティスト
これも僕が悪いんですよ。知ってます。どう考えても素晴らしい作品ですからね。アカデミー賞取ったし皆褒めてるから別に僕なんかが褒めなくても、勝手に皆観ると思うので、敢えてこの辺にさせてもらってます。

28位ものすごくうるさくて、ありえないほど近い
これは、観た後すごく感動したんだけど、後から良い映画を観て行くうちに、これを落としていいやと思ってしまいました。後になって思い入れが薄いと言うかなんというか…。すみません。すごく泣いたし良い映画ですよ。

29位宇宙兄弟
正直、あんまり期待してなかったし、下の方でもっと出来のいい作品はいっぱいあると思うんですけど、大きく期待を越えてくれましたし小栗旬がこの映画で好きになったんですよ。だから普通に好きな作品なんです。原作読んでたらまた違ったかも知れませんが。

嫌いでは無い作品ゾーン

30位ヒミズ
これは「宇宙兄弟」とは逆でハードルが上がり切ってました。原作が好き過ぎたというのもあるかも知れません。でも、園子温監督の新作「希望の国」は、またすごく期待しています!

31位メン・イン・ブラック3
面白かったんですけど、個人的にはやっぱりどこかでどうでも良い話だなぁと思ってしまいました。評判も悪く無いですし、どんどん観に行って下さい。

32位バトルシップ
これは、完全に僕がセンス無いだけです!非常に信頼できる人達が絶賛してますからね。僕がセンス無いだけだと思います!でも、やっぱり後で色々と思いだして笑っちゃうんで、年末くらいにはもっと順位上げてるかもです。(←ずるいですかね?)

33位ももへの手紙
うーん…と、好きな部分と納得出来ない部分が同居してますね。やっぱりラストの嵐の場面が納得出来ないです。唯一のアニメ作品なんで、この後観るであろう「メリダと恐ろしの森」や「おおかみこどもの雨と雪」を鑑賞してみて、また評価が変わるかも知れませんね。

34位ウルトラマンサーガ
ウルトラマンが好きな人の評価が高いので、ウルトラマンシリーズの中ではいい作品じゃないでしょうか。が、いかんせん僕がウルトラマン弱者なばかりにイマイチ楽しめませんでした。すみません。でも、今はAKBの事が少しわかって来てるので、今観るともっと楽しめるかもです。

今一つピンと来なかった作品ゾーン

35位テルマエ・ロマエ
これより下に比べたら名作ですけど、これより上の作品に比べたらどうなんでしょう…。前半は結構楽しんで観れたんですけど、やっぱり後半はきつかったですよ。でもすごく大ヒットしましたからね。みんなが楽しんだのならいいんじゃないでしょうか。

36位スノーホワイト
本当にどうでもいい作品でした。すごく金かけてそうだし、全米で大ヒットしといてこれかよって、ちょっとこの辺から怒りも交じって来ています。

37位ALWAYS 三丁目の夕日’64
このシリーズも好きな人がいますからね。でも僕的には懐古主義に対するうるせー感が、どうしてもありましたね。後、ギャグがあんあり僕とは合わないです。

38位おかえり、はやぶさ
つまんなかったです。と言う以外にあまり印象無いですね。怒りという観点から考えると別に無いですけど、ボーっとしてた気がします。

マジで無いと思った作品ゾーン

39位幸せの教室
苦痛でした。トム・ハンクス監督が面白くなる要素を見事に全て削ぎ落としてくれているので、新しいタイプの嫌がらせかと思ってます。

40位レンタネコ
「幸せの教室」型嫌がらせ×言いがかり×迫害=最下位です。この映画を観てちょうど一ヶ月が経ちましたが、未だに時々、思い出してはイラッとします。

以上、21位~40位でした。1位~20位の発表はまた明日以降にします!

by eigasirouto | 2012-06-30 00:22 | 映画雑記、ランキング

<< 2012年上半期新作ランキング後編 上半期に鑑賞した新作映画 >>