人気ブログランキング |

2012年上半期新作ランキング後編   

上半期に鑑賞した新作映画
昨日、2012年上半期新作ランキング前編で、21位~40位を発表させていただきましたが、今日は、1位~20位までを発表したいと思います!
改めて言っておきますが、僕の個人的な好みですからね~。

では、今回は、下から発表して行きます。

普通に好きな作品ゾーン

20位ソウル・サーファー
王道的ですが素敵な作品だと思います。「ミッドナイト・イン・パリ」とどちらが上に来るかすごく悩みましたけど、実話って事でこちらを上にしました。まぁでも他の作品と相対化すると平均的な感じではあります。

かなり好きな作品ゾーン

19位DOCUMENTARY of AKB48 Show must go on 少女たちは傷つきながら、夢を見る
AKBにハマりかけています。それくらい威力ある作品でした。もっと上でもいいんですけど、他に好きな作品がいっぱいあっただけです。元々ファンだったらどう思ったのか気になります。

18位コーマン帝国
これは色々と笑えたのと何よりロジャー・コーマン監督のパンク性に憧れと尊敬の念を抱きました。ロジャー・コーマンの監督作品を観た事の無い自分を恥じています。

17位アタック・ザ・ブロック
直近の鑑賞作品ですが面白かったです。少年ギャングVSエイリアンという設定だけで80点でした。ビッグ・トーク・プロダクション作品は、もう絶対に見逃せなくなってます!

16位隣る人
ドキュメンタリーでは1位です。感動したし子供について親について色々と考えさせられました。むっちゃんが今、中学生になって立派に反抗期を迎えてるらしいです。ついつい忘れがちですが、皆、子供の時代があったんですよね。

15位J・エドガー
さすがイーストウッド監督らしく、大げさな表現に頼る事なく、じっくりとエドガーという人物像を浮かび上がらせてくれました。アメリカ史をもう少し知ってればもっとこの映画を楽しめたかもしれませんね。

14位ドラゴン・タトゥーの女
フィンチャー監督作。映画の中身と全然関係無さそうなOPが滅茶苦茶かっこよかったですね。ルーニー・マーラ演じるリスベット・サランデルが最高でした!小説版は絶賛挫折中です。オリジナル版の「ミレニアム ドラゴンタトゥーの女」も観ておきたいですね。

すげー好きな映画ゾーン

13位ベルフラワー
この映画はヤバイですよ。ここまで両極端に賛否が分かれるってのも珍しいんじゃないですか?僕もすごい好きな作品なんですよ。ただ、それなのにここにあるってのは、ちょっとハードルを高くし過ぎてたかもです。でも、全然〝賛〟です!

12位サニー 永遠の仲間たち
これも面白かったです。笑えて泣けてかわいくて。高校時代の同級生に会いたくなりました。これもベルフラワー同様にハードル上げすぎてました。後、僕よりもう少し上の世代の方がもっとハマるんじゃないでしょうか?

11位先生を流産させる会
マジで怖かったです!そしてあんなにギュウギュウ詰めで観たのも素敵な映画体験でした。観終わった後、本当に嫌な気持ちにさせてくれてありがとうございます。(皮肉じゃないですよ。)

10位ヤング≒アダルト
ジェイソン・ライトマン監督好きです!シャーリーズ・セロンはすごく嫌な奴なんですけど、まず美人だし僕はこちら側の人間だと思うので、なんだかんだ共感出来ました。子供の観客がうるさかったのが無ければもっと楽しめたのになぁと悔しいです。DVDでまた観たいです!

9位ファミリー・ツリー
ジェイソン・ライトマンの尊敬するアレクサンダー・ペイン監督作。非常に愉快でありそれでいてジーンとするお話でした。その後、色々調べてみるとドンドン監督のすごさがわかりました。この小道具がこういう事を表しているなど。ジョージ・クルーニーの走りに注目!

特別な存在になってる作品ゾーン

8位SR サイタマノラッパー ロードサイドの逃亡者
シリーズ大団円!邦画では一番でした。マイティがあんな事になってイックとトムがこうなるなんて…。もうこの辺からは全て観終わった後は、今年の1位だ!と思った作品ばかりです。しかし、このシリーズは終わらないで欲しいですね。

7位哀しき獣
とにかく走りまくる映画で非常に面白かったです。今年2番目に鑑賞した作品なので、少し記憶があやふやになりつつあるので、早くもう一度鑑賞したいですね。ミョン社長がマジ怖いんだけどとてもファンです。僕も一度は牛骨持って暴れたいです!

6位ヒューゴの不思議な発明
これは普通に考えると高すぎると言われそうですが、僕はもうスコセッシ監督の映画愛とロジャー・コーマン監督の遺伝子を受け継いだ〝映画は見世物である〟という姿勢に号泣しまくったので、俺はどうしても推したいんだ!という気持ちでこの順位です。確かに話がちょっと変な所もありますが、それすらもかわいいと思ってしまってます。でもこれは3Dで観ないとあんまり意味が無いかも知れませんね。

5位おとなのけんか
ゲラゲラ笑わせて頂きましたよ、ロマン・ポランスキー監督!何度も何度も観たい作品です。色々と完璧だなぁと圧巻。時間が短いのもすごくいいです。クリストフ・ヴァルツの携帯がなるだけで劇場を笑いの渦に巻き込んでました。そしてOPとEDの見事さ。おとなの映画ですね!

4位シャーロック・ホームズ シャドウ ゲーム
この辺から更に好きの強度が増します。いや、これもちょっと高すぎるだろうと思われる方もいるでしょうが、本当に最後の最後の戦闘シーンが、ムッチャクチャに燃えたんですよ。その前のホームズとワトソン達が森で逃げるシーンですらオモシレー!と思ってたのに、更にあんな最終ステージが用意されてるとは!!ハードルを越えたし大満足の作品でした!ガイ・リッチーありがとう!

3位宇宙人ポール
今年最初に観た映画で、このブログを始めようと思うきっかけになった作品で、ずーっと1位だった作品ですね。いや、別に1位ですよ。8位からは全部1位ですよ。本当に楽しかったです。既にDVD出てるんで、これも何度も観たいですねー。スピルバーグ作品も補完したので、今観るともっと面白いかもですね。「アタック・ザ・ブロック」といい、やっぱりビッグ・トーク・プロダクションはハンパ無いです!コメディではナンバー1です!

2位裏切りのサーカス
今年、唯一2回鑑賞した作品です。だって1回目よくわからなかったから…。ぶっちゃけそのよくわからない状態でも5位くらいには入ってますけど、理解出来たらマジで面白くて。というかカッコイイ!オシャレ!これも後、何度も見返したい作品ですね。1回だけ観てよくわからないって人はマジでもったいないと思うんですけどねぇ。

1位ドライヴ
8位からずっと1位でもよかったと言い続けてますが、正真正銘の真の1位です。というかぶっちゃけ生涯でも1位になってます。「裏切りのサーカス」同様にかっこいいし、最高ですよ。絶対DVD買うし、サントラやポスターだって手に入れたいです。なんならゴズリングが来ていたジャンバーも欲しいです。つーかレフン監督の「ブロンソン」を早く上映もしくはDVD化してくれませんか?キャリー・マリガンも最高にかわいかったし。エレベーターのシーンだけでも何度も観たいですよ~。賛否あるみたいだから皆が皆好きになるかわかりませんけど、ハマってる人は本当にヤバイくらいハマってますからね。僕もその一人。とにかく僕の中ですごい事なってます。ぶっちゃけ下半期にこれを越える作品が出て来ると思えないので、年末の総合ランキングはつまらないかも知れないと心配しております。でも、「ドライヴ」越えする作品を期待しつつ、今後も映画を観て行きたいと思います。

僕の順位はいかがでしたか?皆さんそれぞれにあると思いますんで、好きな作品が下の方にあったからって怒らないで下さいね。
でも、今年は本当に面白い作品多いと思うんですけどどうでしょうか?
下半期も「アベンジャーズ」やら「アメイジング・スパイダーマン」やら「ダークナイト・ライジング」やら「アウトレイジ ビヨンド」やら「おおかみこどもの雨と雪」やら「エヴァンゲリヲンQ」やら楽しみな作品が目白押しです!
こういう遊びも楽しいですね。改めて映画って楽しいなと思いましたよ。

by eigasirouto | 2012-07-01 02:52 | 映画雑記、ランキング

<< ジェシー・アイゼンバーグ 2012年上半期新作ランキング前編 >>